ピエール瀧の作品は幻となるのか

 麻薬取締法違反の容疑で逮捕された、ピエール瀧容疑者が出演する映画『麻雀放浪記2020』が、4月5日よりノーカットで予定どおり公開することを、3月20日、配給の東映が発表した。

<映画の上映は有料かつ鑑賞の意思を持ったお客様が来場し鑑賞するメディアであり、テレビ放映またはCMなどのメディアとは性質が異なります>(作品HPより)ということが、決断の大きな理由だ。

「やらない」がベター

 一方、瀧容疑者が出演中だったNHK大河ドラマ『いだてん』は、瀧容疑者出演場面を、すでに放送したぶんも含めて代役を立てて差し替えることを発表している。所属するテクノユニット・電気グルーヴの楽曲に関しては、現時点ではCD等の自主回収と配信停止という状況だ。

 坂本龍一がツイッター上で「なんのための自粛ですか?(略)聴きたくないという人は、ただ聴かなければいいんだけなんだから。音楽に罪はない」とつぶやいたことが大きな話題を集めたが、俳優やアーティストが不祥事を起こした場合、出演した作品の放送や発売は、自粛されるケースがほとんどである。

 例えば2016年、強姦致傷容疑で逮捕(のちに不起訴処分)された高畑裕太は、今回の『いだてん』のように放送中のドラマの一部を再撮影し、出演シーンのカットや、出演予定作には代役を立てて対応した。

 2017年に未成年女性との飲酒と不適切行為などの不祥事を起こした小出恵介も、出演作への代役、再撮影、CM降板に加え、放送予定だったNHKドラマは中止という措置が取られた。ある芸能記者は言う。

「元TOKIO・山口達也の強制わいせつや、ノンスタイル井上の当て逃げ、脱税騒動の板東英二など、収録ずみのバラエティーでは、存在がなかったように出演部分をカットしたりトリミングして放送されたこともあります。その技術が“神編集”と言われていますが、現場が大混乱したのは間違いないですね」