男子ショートプログラム開催日のさいたまスーパーアリーナには、オリジナルの応援バナーを持参して観戦する女性ファンの姿も

 5年ぶりの日本開催となった、世界フィギュアスケート選手権。3月23日にフリーの演技が行われ、絶対王者の羽生結弦は2位、宇野昌磨は4位でシーズンを終えた。

「フリーでは羽生選手とネイサン・チェン選手がほぼノーミスで滑走。ともに200点を超える高得点を叩き出し、ハイレベルな戦いになりました」(スポーツ紙記者)

 ショートプログラムで3位と出遅れてしまった羽生だったが、フィギュアスケート解説者の佐野稔氏は、最初のジャンプで失敗したことが大きかったと分析する。

「4回転が2回転に減ってしまったのは非常に大きい失敗だったと思います。ほかのところでカバーして、羽生選手なりにしっかりとまとめたとは思うんですが、けっこうな痛手でしたね」

 宇野がショート6位に終わった原因も、ジャンプの失敗にあった。

4回転の失敗を受けて、宇野選手は、次の4回転―3回転のジャンプを、4回転―2回転に変更しました。僕が考えるに、この変更は非常に賢い選択だったと思います。傷を深くすることなく、なんとか持ちこたえてフリーにつなげようという意思が見えましたね」(佐野氏)

 今大会は、羽生にとってはケガからの復帰戦となった。

「'18年11月に行われた、グランプリシリーズのロシア大会の公式練習で右足首を負傷。グランプリファイナルや全日本選手権を欠場し、リハビリに徹しました。約4か月ぶりの実戦となった世界選手権の記者会見では、ケガは完治していないもののコンディションは“100%”と語りました。

 “油も火もあるけれど、ちっちゃい部屋の中でずっと燃えている感じだった。やっと大きい箱の中で光って暴れ回る炎になれていると思う”という独特な言い回しで意欲と自信を表現したのが印象的です」(前出・スポーツ紙記者)

 宇野は世界選手権で2年連続の2位となっていて、今年にかける思いは強かった。