※画像はイメージです

 春は出会いの季節。はじめましての相手が、褒めるところしかないような完璧な人間なんて少ないでしょう。新たな上司との食事やかしこまった席では、お世辞のひとつでも言わなければいけないのが社会人のマナーでもあります。

容姿と雰囲気、上手な褒め方とは?

 しかし、まったく褒めるところがなかったら……!? そこで20〜30代の女性200人に、そんなときに使えるキラーフレーズを聞いてみました!(協力:アイリサーチ/コメントは原則として原文ママ)

【容姿や持ち物を褒める】

「年齢がある程度上なら肌を褒める。 こだわりがありそうな小物を褒める(靴・時計・バッグ・帽子)身に着けている色に共感して褒める。若さを褒める」(37歳・埼玉県)

「服装を褒める」(27歳・鹿児島県)

「必ず褒めなくてはいけないのであれば、着ている服の色が似合っているなど、人それぞれの主観で言えることを見つけて伝えます」(28歳・神奈川県)

「洋服や持ち物を褒める。“手がきれい”など、その人の全体を見る」(34歳・岐阜県)

「友人に新しくできた彼氏(アラサー、小太り、薄毛)の写真を見せられて、何か一言いわなくてはいけない雰囲気になったので“あっ、なんか○○(友人の名前)ちゃんと雰囲気似てる~! 落ち着いてていい感じの人じゃ~ん”と、必死で言葉を捻り出した」(27歳・神奈川県)

「耳の形を褒める」(30歳・岡山県)

「“健康そうだね”と、差し障りのないことを言っておく」(36歳・徳島県)

「指きれいですね、とか髪の毛きれいですね、褒めるパーツ探して褒める。ついでに、ケア方法や使ってるものを教えてもらう」(30歳・山口県)

 まずは褒める“ヒント”が多い容姿について。顔や体形などを避け、あくまで服装といったその人のセンスや、差し障りのない長所を伝えている人が多いようです。

 とはいえ、外見的なことを伝えるのはリスクもつきもの。なぜなら、その箇所にコンプレックスを抱いている可能性があるから。その点、“雰囲気”を褒めるのは安パイと言えるでしょう。

【雰囲気を褒める】

「話しやすいとか、お世辞っぽくないことを言うようにします」(32歳・北海道)

「たとえば落ち着きのない人に対しては、“好奇心旺盛で活発なところが素敵ですね”と言ったことがある」(36歳・大阪府)

「“声が素敵”と言う」(28歳・東京都)

「“笑顔がいいですね!”や、“清潔感がありますね!”など」(32歳・広島県)

「“今までに会ったことのないタイプで新鮮です”のように、相手の受け取り方次第で褒められていると感じる言い方をする」(31歳・宮城県)

 その人そのものではなく、「新鮮です」など、自分が受けた印象を伝えるのも悪くなさそうですね。