ジョニー・デップ

 ジョニー・デップが、できれば触りたくないはずのカサブタを、あえてほじくっている。アンバー・ハードとの離婚でめちゃくちゃにされた評判を取り戻すべく、今月、彼女を名誉毀損で訴えたのだ。

 2016年5月の離婚申請当時、元妻のハードは、デップからDVを受けていたと公に明かし、世間を驚かせた。デップ本人はその事実を否定、彼の2人の子供の母親であるヴァネッサ・パラディや、元婚約者ウィノナ・ライダーらも、彼が暴力的な行動に出たことは一度もないと、即座に彼を弁護している。一方で、ハード側は、写真やテキストメッセージの記録をメディアにリーク。

 そうやって事態がどんどん醜くなるなか、白黒はっきりしないまま、双方は、この件について今後一切、語らないことを条件に同年8月、折り合いをつけた。

 わずか15カ月しか続かなかった結婚を終えるのに、高い弁護士代を払ってもめ続け、プライバシーが露呈され続けるのは、デップにとって割に合わない。結婚期間が短すぎて金はそんなに取れないとわかったハードにとっても、引きずるのは無駄だ。

ジョニー・デップのDV疑惑

 そうやってのんだ条件を、デップは守り続けた。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年)にDV男を出すのかと一部から非難が出たときも、原作者のJ・K・ローリングは彼を弁護したが、彼自身は何も発言していない。

 しかし、ハードは違った。離婚の正式な成立を待つ間にも公共広告に出演して、DV被害を受けている女性に立ち上がれと呼びかけている。

 そして昨年12月半ばには、ワシントン・ポスト紙に、「Amber Heard: I spoke up against sexual violence ― and faced our culture’s wrath. That has to change(アンバー・ハード:私は性暴力に反対する発言をして、社会から報復されました。これは変えなければいけません)」というタイトルの意見記事を寄稿。その記事にも、公共広告にもデップの名前は出ていない。

 だが、彼女の言う加害者が誰であるかは明白だ。「2年前、私はDVを受けていることを明かし、女性が告発することに社会がどう厳しく反応するのか、自ら体験することになりました」「その頃は、家を出るたびに、パパラッチやカメラを搭載したドローンに追いかけられ、メディアにネガティブなことを書かれたものです」などという記述は、事実上の名指しと言っていい。