(左)今後は芝居に専念したい松本(中)ひとりの“役者”として評価されたい岡田(右)バンド活動を待ちわびる長瀬

最近、松本潤さんは仲のいい先輩俳優の吉田鋼太郎さんに“歌やダンスをずっとやってきたけど、これからはもっと芝居をやりたい。役者はやるほどに気づくことがあるから”と話しているそうですよ」(松本の知人)

 今年1月に嵐が来年いっぱいで活動を休止すると発表した。ただ、松本にはすでに将来のビジョンがあるようだ。

「昨年は関ジャニ∞の渋谷すばるさんがグループを脱退し事務所も退所、滝沢秀明さんが芸能界を引退するなど、ジャニーズにとって激動の年でした。

 今年も、嵐の活動休止発表の混乱が冷めやらない3月に、『週刊文春』で関ジャニ∞の錦戸亮さんがグループからの脱退を考えていることが報道されましたね。彼らに共通しているのが、自分の仕事に不満を抱えていたことです」(スポーツ紙記者)

 芝居がおもしろくなってきたことで、松本は新たな活動を模索しているらしい。

“もっともっと連続ドラマに出て、ゆくゆくはハリウッドにも進出したい”と話しています。彼は生涯お金に困ることがないくらい稼ぎましたから、今後は自分の好きな芝居だけをやっていきたいのでしょう」(前出・松本の知人)

 松本は'05年の『花より男子』(TBS系)で道明寺司役を熱演。'07年の『バンビ~ノ!』(日本テレビ系)や'16年の『99・9―刑事専門弁護士―』(TBS系)シリーズなどで主演を務めた。

俳優として高い評価を受けていますが、本人としては物足りないようです。

 親交のある山田孝之さんやONE OK ROCKのTakaさんは海外でも活躍しています。また、親友の小栗旬さんも来年公開予定のハリウッド映画『ゴジラVSコング(邦題未定)』に出演が決まっており、彼にいい刺激を与えているのでしょう」(芸能プロ関係者)

 また、先日行われた活動休止会見での松本の様子から読み取れることも。

「ほかのメンバーに比べるとひとりだけ動揺の色が薄かった印象でした。それは、活動休止後は役者を中心にやっていくという道筋がはっきり見えているからなのかもしれません」(同・芸能プロ関係者)

 もちろん、すぐに自分が芝居だけに集中できるとは思っていない。

嵐としてコンサートをやることで、チケットだけでなくグッズなどの収入も莫大なものになります。これまで、自分のやりたいことを追い求めて辞める人もいましたが、松本さんはアイドル活動をすることで受ける恩恵を理解していますよ」(テレビ局関係者)

 自分を育ててくれた事務所に対する感謝の念は忘れていないようだが、不満を抱えているのは彼だけではない。