ビリギャル流「夢を叶える」6つの方法

◆ワクワクする目標を自分で設定
「勉強しなさい」とやらされても成果は得られない。不純な動機でも、夢のような話でもいい。自分がワクワクする目標を持つ

◆根拠のない自信を持つ
「私ならできる。やってみなきゃわからない」と飛び込む勇気を持つ。自己肯定感をもってビジョンを描く

◆具体的な計画を立てる
目標を設定したら、そこに向けて逆算してスケジュールを組み、6割〇がとれるところまで戻って基礎を身につける

◆目標を周りに言いふらす
言いふらして、自分にプレッシャーをかけて逃げ道をなくす。また自分に言い続けることで自己暗示をかける

◆憎しみをプラスの力に変える
言いふらしていると周囲から「どうせ無理だ」と否定されることも。「今に見てろ」と、感情でいちばん強い「憎しみ」をパワーに

◆コーチを探せ
一方的に教えるティーチャーではなく、モチベーションの維持やスケジュール管理など、ゴールまで一緒に伴走してくれるコーチを探す

『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』※週刊女性PRIME記事内の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします
すべての写真を見る
夢の叶え方を教えます!
『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』
(マガジンハウス刊)

<プロフィール>
小林さやか◎1988年生まれ。名古屋市出身。慶應義塾大学卒業後はウエディングプランナーとして活躍。’14年にフリーランス転身後は、全国で講演活動などを展開。4月から教育学研究のために大学院に進学。