4月24日、日本代表会見後の公開練習にて 撮影/齋藤周造

 灼熱のインドネシア・ジャカルタで行われた2018年8月のアジア大会。中田久美監督率いるバレーボール全日本女子、通称「火の鳥ニッポン」は王者を目指して戦っていた。しかし予選リーグ3戦目のタイ戦で早々と0―3のストレート負けを喫してしまった。

 ここまでアッサリと敗れたことに納得いかなかったのだろう。2012年ロンドン五輪銅メダル獲得時の主将で、チーム最年長・34歳の荒木絵里香選手は怒りにも似た感情を漂わせつつ、修行僧のような険しい形相で取材ゾーンを通り過ぎていった。

 結局、この大会の日本の成績は2020年東京五輪のライバルと目される中国、韓国、そして新興国・タイを下回る4位という不本意な結果で終わった。続く同年秋の2018年世界選手権も健闘はしたものの6位。「東京五輪でのメダルはかなり厳しい」という危機感が強まった。

人生の劇的変化

 アジア大会から約半年が経過した今年2月。荒木選手はトヨタ車体クインシーズの活動に戻っていた。Vリーグ終盤の試合翌日、練習を終えた彼女が5歳になった愛娘・和香ちゃんを自宅近くのカフェに連れてきたが、その顔はあの敗北のコートで見せたものからは想像できない「ごく普通の優しいお母さん」そのもの。あまりのギャップに驚かされた。

「“別人みたい”とは、よく言われます」

 荒木選手はやわらかな笑みを浮かべた。

 子どものころから練習に明け暮れ、日本のトップに駆け上がり、3度の五輪に参戦とバレーボールに邁進してきた彼女は今、“現役Vリーガー唯一のママ”として注目を集めている。女性アスリートにとって、結婚・出産というのは人生の劇的変化にほかならない。

 しかし、荒木選手はその転換期を楽しみ、競技への活力に変えてみせたのだ。

「長い間、バレーボール選手として生きてきて、社会との接点がなかったんで、娘の幼稚園に行って先生やママ友さんとお話しするのはすごく新鮮な気持ちです。友達と遊んでいる娘の姿を見ると、心が穏やかになりますね。戦う場所と安らぎの場所があってこそ、人としてのバランスがとれる。そのありがたさを今、しみじみと噛みしめながら、競技を続けさせてもらっています」

 186cmの長身を誇るママさん選手は、地元開催、そして4度目の世界舞台となる東京五輪へ突き進むつもりだ。