写真はイメージです

 誰がネーミングしたのか、人気男性アイドルグループの名前をもじって“平成ジャンプ”と呼ぶらしい。インターネット上の一部で、昭和生まれで結婚が平成をジャンプしてしまった男女を指す。

 結婚する・しないは個人の選択だから、昭和生まれの未婚者すべてに当てはまるわけではない。しかし、婚活中の該当者は不愉快に感じることも少なくないのではないか。そんな推察をきっかけに、実際に平成ジャンプしてしまった男女5人の婚活事情と胸の内を聞いた。

半分、あきらめている

 東京都目黒区の池田薫さん(45、仮名=以下同)は約10年前に東北から上京。女優業のかたわら、飲食店のアルバイトなどを掛け持ちして生計を立てている。

「もともと若いころから結婚願望はあまりなかった」

 と池田さん。

 その理由は、愛情のある家庭に育ってこなかったからだという。父親は酒乱でDVだったため、中3のときに母親と離婚した。

「私も父が大嫌いでした。最後に父が入院していた病院へ母と行くとき、おにぎりを持参して車の中で母が“食べなさい”と言ったのですが、“会って別れてからじゃないと食べない”と言い張ったことを覚えています」

 一方の母親は、常に池田さんに優等生であることを求めた。

昔はその期待に応えるように生きてきて、反抗期がなかった。30歳を過ぎて遅れて反抗期がきた。ひとりっ子ですが、両親から愛されて育ってこなかった。片手ぐらいは男性と付き合ったことはありますが、私は甘え下手で、恋愛が苦手。いつも嫌われたらどうしようと考えていて、それが相手には重いんでしょうね」

 婚活は、婚活アプリを1回やった程度。婚活パーティーに参加したことも結婚相談所へ行ったこともない。

「でも、ずっとひとりは寂しいので、これから先、いい人がいたらとも思う。私のような子どもに育つとかわいそうなので子どもは欲しくないですが、相手がどうしても欲しいというのなら、この年でも頑張りますが……」

 平成ジャンプという言葉については、

「半分、あきらめていて、婚活も熱心にやっていなくて、この年ですから、うまい言葉だと思った。でも、婚活を真剣にやっている人には微妙な言葉かも」

 と気遣った。