木村佳乃、田中圭 撮影/佐藤靖彦

木村「久しぶりに圭くんに会ったら、ムキムキになって男らしくなったなぁって。スーツ姿を見たときにちょっとドキッとしちゃった」

田中「僕、あのときまだ20代前半で、やせててペラペラだったんです(笑)」

 いよいよ公開された映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の日本語吹き替えを務めた木村佳乃(43)と田中圭(34)。

 2人が作品で一緒になるのは約10年ぶりだそうで、ツーショットの撮影では「なんか、照れる」と互いに笑顔を見せた。飾らない人柄で愛されキャラ。そんな2人に話を聞いた。

田中「僕は吹き替えが初めてで。最初はそんなに意識していなかったんですが、あとから事の重大さに気づきました(笑)」

木村「子どものころから、やっぱりゴジラは見ていたの?」

田中「はい。特にVSシリーズは。ゴジラVSビオランテ、モスラ、メカゴジラとか。キングギドラが好きで“ソフビ”も持ってました

木村「私が強烈なインパクトを受けたのは、やっぱり『シン・ゴジラ』かな。もう何回も見たし、すっかりファンになって(監督つながりで)『エヴァンゲリオン』のマンガも買って。本当にハマっちゃいました」

 今回2人が演じるのは“すでに関係の壊れた夫婦”。互いを思うがゆえにすれ違いも……。

木村私は最近、強い女性の声を演じることが多いなって(笑)。しかも今回は反抗期の娘と大ゲンカも。“ママなんか大嫌い!!”って感じで……。自分のせいで娘が傷ついてしまうシーンは、いてもたってもいられなかったです」

 実際、プライベートで子どもとうまくコミュニケーションできなくて困った!! みたいな経験は?

木村「言葉を話す前のほうが何を考えているのかわからなくて、逆に今のほうがうまく意思疎通ができてるかも(笑)。圭くんは?」

田中「うちは下のチビが、機嫌がいいときは僕にずっと抱っこされてるんですが、たまに“ママじゃなきゃイヤ”って。そういうときは“おもちゃ買ってあげるぞ”ってモノで釣る(笑)

木村「切ない瞬間ですね(笑)」