山里が蒼井から影響を受けたこと

 ふたりの結婚を“アンジュルム婚”と呼ぶ声もあったが、そもそも“アンジュルム”っていったい?

「'09年に結成された、ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループです。蒼井さんはアンジュルムのムックの編集長を務めていて、撮影現場に自ら出向き、衣装も自分で手配したりするくらいの熱量を持って応援しているんですよ」(アンジュルムのファン)

 山里も同様に、AKB48やももいろクローバーZのファンを公言している大のアイドル好き。最近ではアンジュルムにも興味を持っていたようだが、どうやら蒼井の影響が大きいようで─。

5月13日に山里さんが急にアンジュルムをツイッターで褒めだしたので、ファンの間では“なんで急に?”と話題になっていたんです。今回の報道で蒼井さんの影響だということがわかり、みんな納得していますよ」(同・アンジュルムのファン)

 アイドルオタクでひねくれキャラのイメージが強い山里だが、本来はまじめな職人気質。

「山里さんは超ストイックな仕事人間。勉強家で、どんなフリにも対応できるように新聞を読み込んで、世間の動きをバッチリ把握しています。収録の打ち合わせも、ピリピリした雰囲気で行われることが多いですね」(テレビ局スタッフ)

 世間が祝福するなか、ストイックな山里のとある“暴走グセ”を心配する声も。

蒼井の言葉に、山里がツッコミを入れて場を盛り上げる様子が“夫婦漫才”と話題に
【写真】カメラがとらえた白ポルシェに乗る蒼井優

山里さんは自分だけでなく他人にも厳しい。以前、コンビを組んでいた相方は、山里さんの遠慮のない説教に耐えられず、ほどなくして解散。

 南海キャンディーズも不仲な時期がありました。しずちゃんがマイペースにやっているのに、人気者になっていく姿が許せなかったんだとか。お笑いを探求するあまり、熱が入ると自分でも怒りがコントロールできなくなるようです」(芸能プロ関係者)

 '18年に出版された山里の著書『天才はあきらめた』でも自身の“暴走グセ”について語っている。

《僕は相手に強制的に努力させようとしていた。(中略)まだ芸能人気取りするには早いだろ、もっと努力しろよ、ともっともらしく怒っていた》

 一方で蒼井に関しては奔放すぎる性格を心配する声が。

V6の岡田准一さん、大森南朋さん、三浦春馬さん、鈴木浩介さんなど、彼女は名だたるイケメンたちと付き合ってきました。岡田さんは、彼女の希望に沿ってマンションのリフォームまでしたんですが、最後はわがままに耐えられなくなって破局したとか」(前出・スポーツ紙記者)

 ちょっと不安なところはあるけれど「浮気の心配は?」と聞かれ「ないです!」と声をそろえていたふたりだからきっと大丈夫! だよね!?