ブルゾンちえみ 撮影/近藤陽介

「35億」の決めゼリフをバチッと決めるキャリアウーマンネタで大ブレイクした、ブルゾンちえみさんが、いよいよ舞台女優としてデビューする。彼女が挑むのは、演劇界の鬼才、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さんの出世作、『フローズン・ビーチ』だ。

爽快感をもたらすぶっ飛びキャラに

「最初にお話をいただいたときは、素直にうれしかったです。私は舞台を見ながら“こういうところに立てたらなぁ”と憧れているファンのひとりだったんですね。だからプレッシャーがどうとかってことより、“うれしい!”という気持ちが圧倒的に勝ってました

 この作品は南国のリゾート島で、女性ばかり4人のキャストが織りなすミステリー・コメディー。演出は鈴木裕美さんが務める。

「正直、最初に脚本を読み終わったときはドッと疲れました(笑)。文字だけでわかりやすい世界ではなかったから。でも、その後に初演のDVDを見て答え合わせをしたら“ああ、こういう感じで言ってたのか!”と、やっとわかって。リアルと非リアルが混在しているから、文字だけだと“えー、急にぶっ飛んだ!?”って混乱しちゃったんですけど、実際に人がやっていたらいい感じでなじんで、不思議な世界が立ち上がっていて。“リアルと非リアルのバランスが難しい”と裕美さんもおっしゃっていましたが、そのとおり。だけど、そこが面白さでもあるんですよ!」

 ブルゾンさんが演じるのは、過激な言動で人間関係を引っかき回す要注意人物・市子。これがまた、一筋縄ではいかない難役だ。

「“こりゃたいへんだな”と思いました。笑いを取るポジションでもあるんですけど、ツッコミ的な部分も多いし“難易度高いな”って。それだけにやりがいもあります。私は市子さんって、純粋な人だと思うんですよ。結果的には行動として突拍子もないことをするんですが、そこに至るまでの心境は、誰もが子どものときには感じていた“これってダメなんじゃない?”とか“嫌でしょ!”という心に忠実で、まっすぐなんです。

 大人になると、意志を通したいけど大人だから抑える、となるのが普通だけど、市子さんはそのままやっちゃってる。そこに、現実世界では実現しない爽快感があるんですよね。お客様には“憎めなかったね”と思ってもらいたいです」

 強烈なキャラは、ブルゾンさんのイメージをいい意味で裏切ってくれそう。

「“35億”ネタのキャリアウーマンだって、現実の私とは全然違うけど、違うからこそやっていてスカッとできるわけですよ。だからこの市子さんも、かけ離れているからこそ楽しめそうな気がしていますね。演じることの醍醐味がそこにあるんじゃないかな、と思っています」