「百恵さんの還暦の記念なんです。32年間やってきたキルト作品がたまってきたんですよ。だから、今回は本を出版したいというよりも、今まで制作してきた作品をまとめたいという思いでしょう」

 そう話すのは、日本にキルトとパッチワークを広めたパイオニアのひとりである鷲沢玲子さん。“百恵さん”とは、'80年にスターとして絶頂期の中、三浦友和との結婚で電撃引退した三浦百恵さんのこと。彼女が来月末、自身のキルト作品集『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社刊)を出版する。

「引退の1か月後に発売された自叙伝『蒼い時』以来の自著となります。前作は自身の人生を赤裸々に語った内容で、300万部を超えるベストセラーとなりました」(スポーツ紙記者)

 引退後は表舞台からいっさい姿を消し、専業主婦となった百恵さん。

「この本にはキルト作品の説明やあとがきなどいわゆる百恵さんの“生声”や、この本のために撮影されたという最近の写真が掲載されています」(同・スポーツ紙記者)

 百恵さんのキルトの師匠・鷲沢さんは続ける。

「32年前、百恵さんが私のキルト教室にいきなり訪ねてきたんです。ご自身でここを調べてきたようですよ」

 教室の生徒たちとも交流を深めているようで、

「同世代の方が多いので、よく食事会を開いたりして仲よくやっていますよ。周りも百恵さんだからと特別扱いはしませんしね」(鷲沢さん、以下同)

百恵さんが家族を守りながら、作り続けたキルト作品集。表紙はまだ制作途中だという

 教室に通い始めると、

「最初は毎週、来ていましたね。今は2か月に1度程度になっていますが、それは私の都合に合わせてもらっているだけなんです」

 始めのころは、長男・祐太朗と次男・貴大の子育てに手間がかかる時期だったが、教室を休むことは1度もなかった。2人の息子のためにキルトのベストを作ったり、通学用の袋を作ったりしているうちに、

「うちのクラスは技術のレベルによって8階級あるのですが、百恵さんはトップのクラスにいます」

 なぜ、こんなにも百恵さんのキルト熱は高まったのか。

 出版元の担当者は「百恵さんにはこんな思いがあります」と、次のように本誌に明かした。

「家族、友人を思って針仕事、手仕事をするということ。あるいは、手仕事を通じて自己表現をするということがとても幸せなことであり、人生を豊かにするということを、できるだけ多くの人に知ってほしい」

 歌手・女優として活躍した百恵さんが引退後、自己表現の場に選んだのが“キルト”だった。定期的に開催される作品展示会では、妻として、そして母としての思いが込められた作品が発表されていた。