'07年の春、重度のうつ病から回復し、政伸(右)とともに復帰会見を行った高島さん

《母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです》

《父は、最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました》

 兄の髙嶋政宏、弟の高嶋政伸がそれぞれ事務所を通じてコメントを発表した。彼らの父であり、昭和のスターである高島忠夫さんが6月28日、88歳で亡くなった。

その日だけ、普段は閉まっている高島さん宅のシャッターが夜まで開いていたので、珍しいなと思っていました。普段は見かけない緑色の高級車も止まっていました」(近所の住民)

輝かしい芸能生活

 高島さんが宝塚歌劇団の元トップスターで女優の寿美花代と結婚したのは、'63年。

「芸能界きってのおしどり夫婦でした。もともと映画や舞台で活躍していたおふたりが夫婦でテレビに出演するようになると、その親しみやすさからお茶の間でも人気になりました」(スポーツ紙記者)

 '71年から、夫婦で出演する料理番組『ごちそうさま』(日本テレビ系)がスタートし、'98年まで続く長寿番組になった。当時のことを知る芸能ジャーナリストの佐々木博之さんは、こう話す。

「スラッと背が高くて、見た目は映画スターでも、まったく偉ぶらなかった。スタッフにとってはすごく仕事のしやすい人でしたよ。だからこんなにも番組が長く続いたんだと思います」

 '65年には政宏、'66年に政伸が誕生し、ふたりとも俳優の道へ進む。前出の佐々木さんが続ける。

'06年3月、BSフジの番組記者会見で、家族そろって“イエ~イ”ポーズを決める高島ファミリー

「高島ファミリーは、芸能人のセレブ一家の“さきがけ”ですよね。しかも、全員が第一線で活躍していた。スキャンダルもほとんどなかったし、絵に描いたような理想の家族だったと思います」

 幸せいっぱいに見える高島さんも、その裏では病と闘い続ける人生でもあった。

「暴飲暴食がたたって糖尿病に。さらに'98年には重いうつ病となり、25年間続いたフジテレビ系の映画番組『ゴールデン洋画劇場』の解説も降板して、治療に専念していました」(テレビ誌ライター)

 '07年に復帰を果たすが、今度はパーキンソン病になってしまう。