ゆりやんレトリィバァ

 今月、女芸人のゆりやんレトリィバァさんがアメリカのオーディション番組「America's Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)」に出演したことが話題になっています。

 彼女は角刈りのかつらをかぶり、星条旗模様の際どい水着を身に着けて、手首の動きを主体にした奇妙なダンスを披露しました。パフォーマンス自体は残念ながら不合格という結果になってしまいましたが、その前後には流暢な英語で審査員と会話をして何度も笑いを取り、会場を大いに沸かせていました。

 このときの動画がネットで公開されると、すさまじい勢いで拡散していき、ツイッターでは20万件以上の「いいね」が付けられました。ゆりやんさんは一躍、時の人となりましたが、本人は「まだアメリカから仕事の依頼は1件も来ていない」と語っていました。

なぜ「ゆりやん」が注目されたのか

 日本人が「アメリカズ・ゴット・タレント」に出演するのはこれが初めてではありません。ダンスパフォーマーの蛯名健一さんは、2013年に日本人として初めてこの番組で優勝を果たし、賞金100万ドルを獲得しました。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 お腹同士をぶつけてさまざまな音を出すお笑いコンビ・ゆんぼだんぷ、自分の体を使って1人でテーブルクロス引きをするウエスPさんなども、この番組に出演したことがあります(ウエスPさんはフランス版の同番組に出演)。

 その中でも、今回のゆりやんさんのケースがとくに注目されている理由はいくつかあります。第1に、日本ですでに第一線で活躍している芸人が、自分の芸風を崩さずにアメリカの番組でも活躍したということ。

 第2に、単にパフォーマンスをするだけではなく、英語で審査員とやり取りをして、笑いを取っていたということ。そして第3に、舞台上でつねに堂々としていて、緊張や気負いをいっさい感じさせなかったということです。

 何よりも驚きだったのは、ゆりやんさんが積極的に英語でジョークを飛ばして、アメリカ人を笑わせていたことです。芸名の由来を聞かれて「飼っている猫の名前がレトリィバァなんです」と言ったり(ゴールデンレトリバーは犬の品種)、男性審査員の機嫌を取るために自分の宿泊先のホテルの部屋番号を言ったり、きちんとアメリカにローカライズされた「ボケ」を放って、狙いどおりに笑いを取っていたのは圧巻でした。