今年の夏はどこに行くか決めた!? まだ、という人は北アルプスを一望できる白馬の夏山はいかが? 山といっても登山靴は不要。サンダルやパンプスをはいてお散歩気分で、親子3世代で出かけよう。そう、グリーンシーズンの白馬は身近な場所になっていた!

絶景を楽しむ“天空カフェ”

 眼前に広がる2800メートル~2900メートルクラスの山々が集う、壮大な北アルプスの一角、後立山連峰(白馬岳・鑓ヶ岳・杓子岳など)。白銀と深緑のコントラストは、まるで絵はがきのような優雅な光景。そんな景色を見られるのはコツコツと山を登ってきた、さぞ体力に自信のある“山ガール”だけ……と思いきや、

遠くから眺めるだけでも十分きれいなのに、こんなに近くでアルプスが見られるとは思いませんでした。しかも、こんなに気軽に、パンプスで行けるなんて(笑)

 そう話すのは、初夏を満喫するため長野県・北安曇郡白馬村へ旅行に来たという都内に暮らす50代女性2人組。標高1300メートル地点とは思えないほど軽装だ。そういえば、あたりを見渡すと、なんと小さな子どももいれば、高齢者までいるではないか!?

 ここは山小屋、ではない。白馬岩岳エリアに昨秋オープンした『白馬マウンテンハーバー』。ニューヨークで20年以上も愛される老舗『ザ・シティ・ベーカリー』の焼きたてパンと淹れたてのコーヒーを、絶景と楽しめるおしゃれな“天空のカフェ”だ。

白馬マウンテンハーバー

 空にせり出すように建てられたテラスまでは、麓からゴンドラに乗るだけで登山装備は必要なし。都会の猛暑から抜け出し、大空の下でできたてサクサクのサンドイッチを冷えたビールで食す……、想像しただけで幸せになりませんか!? さらに近くにはドッグランもあり、ワンちゃん同伴で一緒に夏の思い出づくりもできてしまう。あれっ、ここって標高何メートルだったっけ。

山頂からせり出す“天空”のテラスで、マフィンやサンドイッチ、コーヒー、スープにアルコールも楽しめる

 これまで登山・トレッキング愛好者には知られた夏の白馬だったが、実は今、劇的に変わりつつある──。

 白馬といえば、’98年の長野五輪で知られたとおりウインタースポーツのメッカだ。実際、5年前からは“HAKUBA BALLEY”と銘打ち、さまざまなプロモーションを展開。’16年には共通自動改札システムを導入し、すべてのゲレンデが、単一チケットを利用して滑走できるようになり「日本最大のスキー場」として生まれ変わった。昨今、パウダースノーを求める外国人スキー客が殺到している、という話を耳にしたことがあるかもしれない。

 一方で、春から秋にかけた“オフシーズン”では、コンテンツ不足による低稼働や、低迷する国内スキー・スノーボード参加率などの影響から、リゾート地として改善の余地があった。そこで、“グリーンシーズン(夏場)”の観光客、特に日本人観光客の誘致に力を注ぎ、初めて白馬を訪れる人でも、気軽に北アルプスの魅力を満喫できるスポットやアトラクションを続々と誕生させているというわけ。

「夏山=トレッキングという固定観念を変えたかった」とは、白馬マウンテンハーバーを手がけた白馬観光開発株式会社代表取締役・和田寛さん。

「“山登り”のイメージが先行する限り、体力のない方や関心のない方は、夏の山には足を向けません。山の魅力を知っていただくために、白馬には“登る”以外の楽しさがあることを伝えたかった」

 実際、和田さんたちが手がけたのは、従来の夏山のイメージを覆すものばかり。特に麓からゴンドラでアクセスできる栂池高原(標高約800メートル)に登場した、フランス発のアドベンチャー施設『白馬つがいけWOW!』は、昨夏オープンから3か月で8000人の来場者を記録した人気スポットだ。