7月22日、吉本の岡本社長の会見に同席した、視聴者には『笑ってはいけない』でおなじみの藤原副社長

 7月20日の宮迫博之と田村亮の謝罪会見をきっかけに、所属の吉本興業の体質に疑問が持たれる展開となり、22日には同社の岡本昭彦社長が5時間半に及ぶ会見を行った。

 ところが、その会見の質疑応答に明確な回答が得られた部分が少なく、出席した記者ばかりでなく、会見を見ていた視聴者もスッキリしない結果となってしまった。

副社長の顔をしていた藤原氏のギャップ

「SNSなどで『笑ってはいけない記者会見』と呼ばれたりもしました。岡本社長をはじめ、大崎洋会長、藤原寛副社長など、現在のトップ陣が、みなダウンタウンのマネージャー経験者で構成されていることを初めて認識した人も多かったと思います。同時にその偏り方に、不自然さを覚える方も少なくないようです

 と、あるテレビ関係者は言う。

「ダウンタウンに限らないのですが、ときにはこのような“身内”がバラエティーなどに登場し、笑いを取ることもあります。でも、今回のことでなかなか笑えない状況になってしまいましたね」(同)

 そんな中、早くも心配されているのが、ダウンタウンが出演する大晦日恒例の年越し特番『ガキの使いやあらへんで!』の『笑ってはいけない◯◯』シリーズだ。ダウンタウン、月亭方正、ココリコがさまざまなシチュエーションで「笑ってはいけない」状況に直面。笑ったらお尻を叩かれるなどの罰を受けるという内容だが、進行役として登場するのが、藤原副社長だ。

「藤原さんは『松本、浜田、アウト〜』の声を担当したり、『お前らみたいなもんが、◯◯できるやなんて、感謝せえよ』と、上から目線で言うところも笑いを生んでいます。これはダウンタウンのほうが、もともと立場が上だからこそ成立するお約束の笑いです。

 しかし、今回の騒動のように、内部の生々しい部分が見えてしまった以上、藤原さんが出ても笑いづらくなってしまいます。今後の展開によっては、この人気特番も成立しなくなってしまうのではないでしょうか

 人気特番が終了してしまう可能性もなくはないという。