「仲間内だけで楽しむつもりだった」というが、こんな動画を見て楽しいのだろうか

 アルバイトによる不適切動画の投稿が相次いだ上半期。おでんの白滝を口に含んで戻す、ゴミ箱に捨てた魚を拾ってさばく、など衛生的に大問題な動画は瞬く間に炎上。企業側はそろってバイトに対して「法的措置を検討する」とコメントしたが─。

実際に訴訟に至ったケースは今のところほとんどありません。店側のやられ損だったのですが、唯一、関係者3人が書類送検される異例の展開を見せたのが大手回転寿司チェーンの『無添くら寿司』です」(全国紙社会部記者)

抗議の電話は1300件

「無添くら寿司」の大阪府守口市の店舗で“バイトテロ”が起きたのは1月4日の午後3時ごろ。問題となった動画は当時アルバイト従業員だった高校2年の少年Aくん(17)が撮影。

 当時、専門学校生だったアルバイトの少年(19)がハマチの切り身をゴミ箱に捨てた後、ふざけてまな板に載せる一部始終が撮影されていた。ちょうど1か月後の2月4日、この動画はツイッターに投稿されるやいなや“不快”“くら寿司には行かない”などの批判が殺到。店舗への抗議の電話は3日で約1300件きたという。

 問題を重く見たくら寿司は3日後にはアルバイト2人を退職処分とし、刑事・民事両面での法的措置をとると公表。約3か月後の5月下旬に、大阪府警は動画に映っていたアルバイト従業員の19歳少年を偽計業務妨害ほう助容疑で、Aくんと友人の高校2年男子生徒Bくん(17)を偽計業務妨害容疑で書類送検した。