10年間の辛抱の末、夫との離婚が成立した澄佳さんが、今の生活を朗らかに話せる理由とは?(写真はイメージです)

 人生は、思い描いていたとおりに進むとは限らない。予測もつかないタイミングで子どもを授かったり、一度は愛を誓い合った相手から思わぬ形で裏切られたり。「まさか」と思うような人生の落とし穴は、そこかしこに転がっている。

 とくに子どもがいるうえでの離婚は想像以上に過酷であり、その後の人生をどう生きるか、いやが応でも何らかの「選択」を迫られることになる。大人同士の事情で生じた生活の変化により、いかにして子どもたちを守っていけばいいのか。そのうえで自分自身の幸せをどう再構築するか。

 今回取材に応じてくれたのは、都内で2人の子どもと暮らす北川澄佳さん(仮名、40歳)。第一子出産直後から離婚に至るまでの約10年もの間、夫の女性問題に苦しめられた。しかし女性の存在を“見て見ぬふり”をして耐えてきた妻と2人の子ども達との日常をバッサリ切り捨てたのは、なんと夫の側だった。ある日突然「家庭」という守られた環境から澄佳さんと子どもたちが放り出されるまでの経緯、そして意外な“その後”について取り上げる。

不倫を“見て見ぬふり”で耐えてきた10年間

「10歳上の夫との結婚生活は、精神的にも経済的にも相当我慢を強いられるものでした。ただ、夫婦関係に波風を立てて夫を不機嫌にすることに抵抗があって……。何を言っても、どうせ弁の立つ夫に論破されてしまうのが目に見えていたんです。だから、夫に深い関係の女性がいることに気づきながらも、それを言い出せないまま10年近く結婚生活を続けてしまいました」

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 ショッピングビルテナントのアパレルショップ店員だった澄佳さんが夫と出会ったのは23歳。同じフロアにあったチェーンのマッサージ店のマネジャーだった夫と、週に1回ほど顔を合わせるようになったのだ。ある時、フロアのショップ合同で開催された飲み会で2人は意気投合。

「10歳も年上だったので、どんな話を聞いても、『大人だな』とうっとりするばかりでしたね。遊び方も豪快で、ゴルフやサーフィンなどアウトドアな趣味も豊富だし、しょっちゅう海外旅行へ行ったりする余裕も素敵だな、と。関西人特有の面白いキャラにもひかれました」