日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う 人と人~ともに新たな時代へ~』が放送された。今年はメインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーには浅田真央、総合司会は羽鳥慎一と水ト麻美アナウンサー、24時間テレビサポーターを徳光和夫が務めた。

 24時間の平均視聴率は16.8%と昨年の15.2%に比べ1.6%もアップし、放送終了時の募金額も6億8421万2104円と昨年の2億6787万5910円に比べ2.5倍と大成功であった。

直近5年の募金額推移

 日本テレビ汐留本社や『24時間テレビ』の会場である両国国技館周辺を取材し、見えてきたのは“若者への支持に成功している”ということだった。なぜ今年は若者への支持に成功したのか考察していく。

両国国技館の人出、若者が大半

『24時間テレビ』の名物でもあるのがマラソン。ランナーを従来の1人体制から駅伝方式に変更した。第一走者に近藤春奈(ハリセンボン)、第二走者によしこ(ガンバレルーヤ)、第三走者は当日サプライズで発表した水ト麻美アナウンサーが走り、最終走者いとうあさこへたすきをつなげた。

 各走者のマラソンコースには大勢の人たちが駆けつけたが、最終走者であるいとうあさこのゴール付近(両国国技館)には尋常でないほどの観客がエールを送っていた。

 急きょ、会場のとなりにある江戸東京博物館に観覧席を設置し、警備員が「こちらの会場はマラソンのゴールがご覧いただける観覧席となります。確実にご覧いただけます!」と案内していた。

 付近にいた『24時間テレビ』のスタッフに話を聞くと、「ゴール付近におそらく1万人を超える人が集まっているので、観覧席を設けました」と答えた。

 その即席で設営された観覧席で、今か今かといとうのゴールを待っていると、中継車とともに、いとうと白いハチマキをしめたスーツ姿の内村光良(ウッチャンナンチャン)がサプライズで登場し、いとうと並走しながらエールを送っていた。

 2人の登場に会場付近は大いに盛り上がり、「お疲れさま」、「あさこちゃん、よく頑張ったね」、「ありがとう」、「あさこちゃん、あと少し頑張れ」などと温かい声援が多数送られる。

 まさに『24時間テレビ』フィーバーに沸いたわけだが、普段から若者やファミリー層に人気の『世界の果てまでイッテQ!』のレギュラーメンバーであるいとうが、最終走者だったのが関係していたのかもしれない。