ひと目見て“一般の女性とは違うな”と

 毎日がむしゃらになって働いていたが、いつしか中澤さんも27歳という年齢になっていた。1960年代の27歳だ。

「“私、売れ残っちゃったかな? って、はっと気がついた。(笑)。そんなときに“もらい損なったかな?”と思っていた人が、同じ古賀政男事務所にいたんです」

 1970年、29歳で中澤一弘さんと結婚。中澤さんは専業主婦になる。

 一弘さん(79)が出会いの印象を語る。

「美人でしたよ。私が言うのも変ですけどね(笑)。ひと目見たときに“一般の女性とは違うな”と思いました」

 職業人としても優れた力量があったと語る。

「活発で、判断力のいい、優秀なマネージャーでしたね。

 例えば、小林幸子が新幹線に乗ってどこかに行かなくちゃならない。新幹線に乗り損なったりすると、即、手配してちゃんと帳尻を合わせてみせる。今みたいに新幹線が3分おきにくるような時代の話じゃありません。常に一生懸命で優秀なマネージャーでした。だからこそ、50年以上たった今でも(小林と)交流があるんじゃないでしょうか?」

「妻が作るカレー、ギョーザ、ハンバーグは絶品。大好物です」と夫・一弘さん(左) 撮影/伊藤和幸
すべての写真を見る

 ちなみに2人のキューピッドは、小林幸子その人だった。

 小林さんが言う。

「私は四谷三丁目に住んでいて、マネージャーだから、照子さんが送り迎えに来てくれるわけですよ。そうすると、一弘さんもなぜかちょくちょく来てくれるの。

 最初、意味がわからなかったんですけれど、あとになってようやくわかりました。デートするにもお金がかかる。でも私のアパートだったら、お茶を飲んでいくらおしゃべりしてもお金がかからない。

“ああ、そういうことだったのか!”って(笑)」

 そして、こう続ける。

「“やさしさで言ったらこの人(一弘さん)以上の人はいない”って。結婚前、そう言っていたのを覚えています」

 1972年、31歳で娘の綾子さんを出産。主婦になり、1児の母となっても、なぜか相談事を持ちかけられるのは変わらなかった。

「今度は各家庭のごたごたですよね。私も姑さんやご主人とのことに、さもわかったようなことを言ったりね」