リアル反省会スタート!?

──ちなみに、みなさん“大人になった”という自覚はありますか?

後藤「僕、グループが結成されたとき15歳だったんです。高校に入りたてで、本当に右も左もわからない状態で。1から10までリーダーのLIKIYAさんを筆頭にメンバーに叩き込んでいただきました(笑)。グループ活動を通して社会勉強もできたという点で少し大人になったかなと思います。お酒を飲める年齢にもなりましたので」

長谷川「僕と昂秀も同じ15歳でグループに入りました。……大人になりましたね」

浦川「しみじみ言うね」

長谷川「昂秀はまだ(大人に)なってないなと思って」

LIKIYA「永遠のピーターパンだから(笑)」

長谷川「たまに遅刻しちゃうし」

──遅刻といえば、浦川さんも……。

浦川「あっ、ご存じでした?」

吉野「有名だもん(笑)」

浦川「自分、型で言うとスナイパーライフル型で。回数は多くないんですけど、一撃がすごくデカいので有名になりました!」

──ということは、鈴木さんは回数が?

鈴木「はい、多少」

LIKIYA「反省しないんですよ。だから繰り返しちゃう」

鈴木「反省してます‼ 本当に」

RIKU「これ、リアルな反省会みたいになってるから(笑)」

──9月12日に代々木公園の野外ステージで結成5周年の記念イベントを開催されました。その日は、みなさんでお祝いしました? 

鈴木「当日じゃなくて、3日前に誕生日会も兼ねてやりましたね」

LIKIYA「夏生まれの龍とまこっちゃん(長谷川)とRIKUと(与那嶺)瑠唯の誕生日も一緒に」

全員「すごく楽しかったね」

浦川「カラオケで自分たちの曲を歌ったりして。(武知)海青とか瑠唯さんが歌うことが多いですね」

RIKU「まこっちゃんも(SEKAI NO OWARIの)『Dragon Night』歌ってたよね」

鈴木「ボイスチェンジして、歌うんですよ」

浦川「で、すぐに(鈴木)昂秀と口ゲンカしだして」

吉野「ケンカというより説教ね」

LIKIYA「でも、5分後には、ふたりで歌ってる(笑)」

長谷川「お酒を飲む席だと、つい“おまえちゃんとしろよ”って言っちゃうんですよね。説教するのは昂秀にだけです(笑)。日ごろ、たまっているものがあるのかな?」

鈴木「たまってるって……。ごめんな」

全員(爆笑)