9月12日に結成5周年を迎えたTHE RAMPAGE。3人のボーカルと13人のパフォーマーからなる彼らは、今年、自身初のアリーナツアーで24万人を動員。さらに、俳優などのソロ活動でも愛されるように。グループとしても個人でも、ますます魅力が増していく16人の撮り下ろしカットと爆笑トークをお届け。

 グループを代表してリーダーでパフォーマーのLIKIYA、ボーカルのRIKUと吉野北人、パフォーマーの神谷健太、浦川翔平、長谷川慎、鈴木昂秀、後藤拓磨の8人にインタビュー!

「いろいろな時期があって、こうしてひとつになれている」

──約1年ぶりにリリースする2枚目のアルバム『THE RIOT(ザ ライオット)』。RIOTは、暴動のほかに、THAT’S A RIOTとすると“面白い”“盛り上がる”という意味のスラングに。

RIKU「今回のアルバムでは、新しいRAMPAGEを表現しました。これまでの僕らのイメージを覆し(暴動)、さまざまなジャンルの曲に挑戦したことで“面白い”“カッコいい”と楽しんでいただけたらと思ってつけたタイトルです。この1枚で今の僕らの実力やポテンシャルを感じていただけると思います!」

後藤「ファーストアルバムは、グループ名をそのままタイトルにした、自分たちはこういうグループですよという名刺がわりの作品だったんです。RIKUさんも言ってましたが、今回はヒップホップもあれば、R&Bもバラードもあって振り幅が大きいというか。いまの等身大の僕らを肌で感じてもらえると思ってます」

──リード曲『Move the World』はどんな曲に?

吉野「前回のアルバムのリード曲でラテン調の『LA FIESTA』の進化版で、さらにカッコいい曲に仕上がりました。ネクストステージに向かう僕らの心情が歌詞で描かれています。この曲だけでも“また、新たなRAMPAGEを見ることができそう”と、グッと期待値が上がるはずです」

──みなさんが見ている“ネクストステージ”とは、どんなものなのでしょうか?

吉野「いままでRAMPAGEは“勢い”や“ヒップホップテイスト”という特色をより強く打ち出してきたんです。でも、そこだけじゃなくて、もっといろいろな表現をしたいというか。結成からの5年で成長して大人になってきた16人で、まだ見せていない姿を披露できるグループを作りたいと思っています」