“横浜都心”圏内の横浜市西区において、9・1ヘクタールもの敷地が広がる野毛山公園。その一角にある『野毛山動物園』は、93種類もの動物を飼育する、年間100万人近くが訪れる(しかも無料!)大人気スポットだ。

モルモットを存分に抱っこできる!

 お出かけ日和の本日、猛獣にキャッキャしたいところだが、今回の目当ては園内にある『ねずみワールド』。そう、2020年は子(ね)年。最高の年賀状を作るべく(まだ間に合う?)、“夢の世界”で“映える”ネズミの写真を撮っちゃおう、という算段なのだ。

 さっそく入園すると、間もなくレッサーパンダが手招きしている(ように見えた)ではないか! これはかわいいぞ。でも、本日の主役はキミじゃないんだ。後ろ髪を引かれつつ、目的地の「なかよし広場」に向かった。

 このなかよし広場は、ハツカネズミやモルモットなどの小動物とふれあい体験ができる、土日祝日には整理券が配布される人気コーナー。

 この日も、野外活動の小学生たちがワイワイする一方で、高齢のご婦人方も口々に「あら、かわいいわ」。みんなが笑顔になる、ほのぼのとする広場である。

モルモットの重さは1キログラム前後。やさしく抱っこしよう 撮影/渡邉智裕

 すでに“それらしい世界”が視界にチラチラと入っていたが、まずは記者も仲よくふれあいたい。モルモットの抱っこに挑戦……と、おぉ、けっこう大きい。どうしたらいいの?

「毛が抜けたりウンチをする場合もありますので、まず座布団を用意します。そして両手で輪っかを作るようにモルモットの脇の下に手を入れて、ばんざいのポーズになるようにやさしく支えて運びます」

 飼育展示係の松山薫さんに教わりながら恐る恐る抱っこする。モフモフじゃないか!

「ずっと脇を抱えていると苦しくなるので、なるべく早く座布団にのせてあげてください。

 そして座布団をひざの上にのせて、背中とお尻をなでてください。ブラシもお貸ししていますので、徐々に慣れてもらい、思い思いにかわいがってもらえれば」

 ひざの上でおとなしく丸くなるモルモットは、キュートすぎて永遠になでていられそう。でも、何でもかじる習性があるので、口の前に指をもっていかないようチュー意。