S社長はあくまで自分は被害者だという

 T氏が亡き今、この番組の中心的存在だったS氏は何をしているのか。

「S社長は “自分は関係ない”と言っていましたね。彼は自分のYouTubeチャンネルを持っていて趣味のキャンプ動画を投稿しているのですが、報道があった2日後には新作をアップしています。ハンモックや薪ストーブの使い方を解説していましたね」(S氏の知人)

S社長がYouTubeにアップしたキャンプ動画
すべての写真を見る

 そのS氏に電話取材を行うと、

「自分は下請けですし、途中で降板しています。各制作スタッフへのギャラはうちが払わなくてはいけませんが、そもそもの制作費を持っていたT社長が作品のクオリティを理由に一部しか支払ってくれなかったんですよ」

 と、あくまで自分は被害者だという。T氏の自殺に関しては、

「集めたお金が現在どれほどあるのかわかりませんが、足りなくても必死になれば返せる金額だったと思います。彼には奥さんも幼い子どももいて、番組の撮影現場にも連れてきていましたよ。自殺することなんてないのに……」

 また、T氏のもと、同じ『P-style』で働いていた人物はこう語る。

「期待していた結果にならないどころか、顧客の信用もなくしてしまって仕事に行き詰まっていたんですかね……。昔から気分の上がり下がりが激しい方でしたが、まさか自殺するとは……。自分も受け止められません」

 制作側の“欲望の塊”が引き起こしたこの騒動。あまりにも後味が悪い結果になってしまった──。