1月31日に初公判を迎えた沢尻エリカ被告は、被告人質問や最終陳述で後悔の念と女優業引退を述べた。圧倒的な演技力で多くの人を魅了したエリカ様がこのまま引退してしまうというのは、にわかには信じられないが、どうやら思いは捨てきれないようで──。

女優復帰については考えていません……

 1月31日に行われた初公判で、弁護士から今後について聞かれた沢尻エリカ被告(33)は背筋を伸ばして明言した。

「彼女は黒のスーツに白いシャツ、黒髪とおとなしい姿でした。罪状認否や検察からの質問には落ち着いて発言し、表情を変えることはありませんでした」(スポーツ紙記者)

 そんな沢尻と業務提携しているエイベックスは、彼女との契約を解除していない。

「沢尻さんはエイベックスの幹部に“信頼していただいたのに本当に申し訳ない……”と涙ながらに謝罪したそうです。事務所側も“後悔は本物だと思ったので、支援を続けてきた。今後、被告が安定した社会生活を送れるよう支援していきたい”とコメントしています」(同・スポーツ紙記者)

 沢尻は6歳で芸能界デビュー。'05年に『1リットルの涙』(フジテレビ系)でドラマ初主演。その後も順調にキャリアを積んでいったが'07年の主演映画『クローズド・ノート』の“別に”発言で大バッシングを受ける。

そのころから“お騒がせ女優”というイメージがありましたが、'12年の主演映画『ヘルタースケルター』で再ブレイクを果たします。もともと演技力は高く評価されていましたが、今回の事件でNHK大河ドラマ『麒麟がくる』を放映直前に降板することに。CMも打ち切りになり、違約金は10億円と言われています」(映画ライター)

復帰作『ヘルタースケルター』では破滅的に生きるモデルを熱演。当たり役に

沢尻の幼少期とは……

 違法薬物の使用は犯罪であり、許されない行為だ。ただ、沢尻の幼少期を知る人の中には同情する声もある。

「このあたりでは、エリカちゃんが麻薬にハマったのは“リラさん”のせいだと、みんな言っていますよ。あんな育て方をされたら、彼女が自暴自棄になるのはしょうがないって」(沢尻の地元住民)

 沢尻の母親であるリラさんは、アルジェリア系のフランス人。資産家だった澤尻義勝さんと結婚後、2男1女をもうけるも事業に失敗した義勝さんは失踪してしまう。

「リラさんは酔うと誰にでもケンカを売って近所から嫌われていましたね。エリカちゃんはそれでもママが大好きで、夜のお店から帰ってこないリラさんを探して、“ママは? ママは?”って歩き回っていました。寂しかったんだろうね」(リラさんが通っていたスナックの常連客)