SMAPの“現在地”に対する、国民の声を聞いていこう。今回、全国の一般男女を対象にしたアンケートと、ウェブサイト『週刊女性PRIME』の読者にもアンケートを実施(1月24日〜27日、対象100名、ASMARQ調べ&1月24日〜31日、投票者693名、週刊女性PRIMEで募集)。計793人から寄せられたメンバーへの意見を紹介したい。

「解散後の活躍がもっとも印象的だった」メンバーは?

第1位 香取慎吾 363票

「地上波テレビでの露出は激減したものの、持ち味の多才を十二分に活かして、映画・音楽・アート・バラエティー・アパレルなどで幅広く活躍しているから」(44歳女性/職業=その他)

「ジャニーズ時代ではできなかった、大好きな洋服のプロデュースに絵画のお仕事ができている。SNSも、退所した3人の中でいちばん頻繁にアップしていて、ファンとの交流がリアルになっている」(55歳女性/販売)

「自身がやりたかったことを、次々と実現させていて、キラキラ輝いて見えます」(49歳女性/事務・オフィス)

 ジャニーズからの独立後、多分野で多才ぶりを精力的に発揮する姿が評価されたよう。また、稲垣吾郎、草彅剛らと立ち上げた新ユニット『新しい地図』には驚かされた。

「SMAPのコンサートプロデュースを手がけていた才能をフル活用している。『新しい地図』のリーダー的存在。仕掛け人だと思う」(42歳女性/WEB・クリエイター)

 ツイッターやインスタグラムなどのネットコンテンツを駆使し、ネットテレビでレギュラー番組をスタートするなど、次々と新しい分野を開拓する新しい地図。だが、テレビ“復帰”を望む声も多い。

「3人の活躍を地上波で見られませんが、活躍華々しいと感じます。地方の方、高齢者のファンの方にも、簡単に彼らが見られて元気になれる業界にしてほしい」(32歳女性/マスコミ・出版)

 実は、一般アンケートでは3位だった香取。ところが、ウェブアンケートで圧倒的に票数を獲得しての逆転1位となった。この対照的な結果の背景を、芸能ジャーナリストの佐々木博之さんは、

「熱心なファンではない一般の方にとって、まだまだテレビに映る情報が大きいのだと思います。そう考えると、ドラマやバラエティー番組を含めて、テレビに出続けていた中居さんと木村さんに票が集まったことも納得です。

 ですが、ウェブのアンケートで香取さんが躍進したことは、『新しい地図』のネット戦略が成功している証とも言えます。彼らのファンを同様にネットに取り込めたことが、アンケート結果につながったのではないでしょうか」

 彼らがネット社会に広げた地図は正確だったようで。

2位 木村拓哉 146票

「テレビで見る機会が多い。正月に2夜連続で放送したドラマ『教場』を見て、ドラマや映画で活躍しそうだと思った」(44歳男性/専門職)

「客観的に見ても、映画、地上波でのドラマやCM、ソロデビューやライブと4人に比べてバランスよく活躍できている」(51歳女性/事務・オフィス)

「ソロアルバムも爆売れで、さらにソロライブ。木村拓哉がキラキラ輝いてて、またキムタクブームになっている現実」(34歳女性/金融) 

1月8日、アルバム宣伝のため新宿に登場した木村拓哉

 解散後も安定したテレビ出演に加えて、ソロデビューにCM出演も後押し。そして、

「娘のKoki,もモデルとして大活躍しているから」(29歳女性/派遣・契約社員)

「家庭をきちんと守り、そのうえで役者、歌手、多方面に実績を残してる」(52歳女性/公務員)

 かつて全国の女性が悲鳴を上げた木村の結婚だが、今やよき夫、父親のイメージとしてプラスになっている。