マッキーの驚愕の発言

 正直でありたい人だから、本音もついつい口にしてしまう。今回の逮捕で、実は前回「いや~運が悪かったよ」と知人に語っていた話が報じられたが、逮捕5年後に行われた音楽誌のインタビューでも「可愛い万引き」にたとえていたりしたものだ。

 とはいえ、逮捕を機に、彼は思いきり善人志向にシフト。自分に忠実でいたいくせに、承認欲求も強い人だから、どんな自分なら受け容れられるか、いろいろと実験しがちなのだ。デビュー以来、髪型などのビジュアルがちょくちょく変わるのもその反映かもしれない。

 そこで、逮捕からしばらくは「魔界」どころか、「仏界」に入ったかのような曲を連発。そのなかでも注目したいのが、テレビへの復帰シングルとなった『Are You OK?』('01年)だ。

 その詞はこういうものである。

 雨の日、転んでしまった主人公は誰にも助けてもらえず、それまでの自分本位な生き方を反省、今日してもらいたかったことを誰かにしようと決心する。別の雨の日、同じように転んでいた幼い女の子を助け、お礼を言われる主人公。さらに別の雨の日、主人公が転ぶと、今度は「Are You OK?(大丈夫ですか?)」と誰かに声をかけられる。

 とまあ、誰かを助けたら、自分も助けてもらえるはず、というこの願いは、当時の彼自身の切実な思いでもあったのではないか。そして、あの奇跡が起きるのだ。

平成の名曲の誕生

 翌年、SMAPのアルバム用に『世界に一つだけの花』を提供。これがシングル化され、平成最大のヒット曲となったことで、槇原は復権を果たした。そこから十数年がたち、逮捕の記憶はすっかり風化していたといえる。

提供キング」と呼ばれるほど、その作品が重宝されていたことを思えば、多くの人にとって再犯は想定外だったのだろう。

 また、前回、一緒に捕まった男性パートナーといったんは絶縁したものの、復縁して一時は事務所の社長も任せるほどの仲に。この男性の告白(「デイリー新潮」)によれば、槇原からヨリを戻したのに、2年前、別のパートナーに乗り換えられたという。この証言が、今回の逮捕につながったともされる。槇原が「正直」に動いたことでこういう局面にもなってしまったわけだ。

 はたして、再び転んだ槇原に、手は差しのべられるのだろうか。ただ、ある意味、魔界に2度落ちてしまったのだから、これから復帰するにしても、ダークなものをやったほうがよさそうな気がする。

 繰り返して言うが『Hungry Spider』もまた、彼にしか書けない傑作なのだ。そして『世界に一つだけの花』のような奇跡は何度も期待できるものではない──。

『世界に一つだけの花』のCDジャケット
すべての写真を見る
PROFILE
●宝泉 薫(ほうせん・かおる)●作家・芸能評論家。テレビ、映画、ダイエットなどをテーマに執筆。近著に『平成の死』(ベストセラーズ)、『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、『あのアイドルがなぜヌードに』(文藝春秋)などがある。