唐田えりかと東出昌大の“匂わせ不倫”や、鈴木杏樹と喜多村緑郎の禁断愛など、“清純派”と呼ばれる女優たちが世間をにぎわせている。しかし、過去にも「不倫なんてしそうにない……」と思う世間のイメージとは裏腹に、略奪愛に走ったり、結婚・離婚などを機に清純派の殻を脱ぎ捨てた女優やアイドルたちがチラホラと――。すでにひと皮むけた(!?)彼女たちの清純時代をプレーバック!

『天気の子』の声優も務めた倍賞千恵子

昨年公開された新海誠監督の映画『天気の子』では声優も務めた倍賞千恵子

 昨年公開された映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』にも出演し、寅さんの妹・さくら役で親しまれる女優・倍賞千恵子(78)。1961年にデビュー後、山田洋次監督作品に欠かせない庶民派女優として活躍するも、私生活は“恋多き女性”として波瀾万丈な恋愛遍歴の持ち主だった。

 '76年、年下の俳優である小宮健吾(71)と結婚したが、収入や俳優としての格差が原因で離婚。しばらくは独身を通していた倍賞だったが'93年、8歳年下の作曲家の小六禮次郎と当時52歳で再婚した。

 しかし、交際が始まった当時、小六には妻子がいたため“不倫略奪婚”と言われた。結婚から20年たった今でも2人の夫婦仲は良好で、穏やかな結婚生活を送っている。

'80年に元夫の小宮とともに離婚会見を開いた倍賞千恵子

『こんにちは赤ちゃん』の梓みちよさん

昨年末まで元気な様子だったという梓みちよさん。突然の訃報を悲しむ声も

 今年1月29日、自身のマネージャーが自宅を訪れた際に、亡くなっている姿で発見された歌手の梓みちよさん(享年76)。1963年に発売され、瞬く間にヒットした名曲『こんにちは赤ちゃん』で知られ、デビュー当時は“清純派歌手”“良妻賢母”の印象が強かった。

 しかし、'74年に発売された名曲『二人でお酒を』で“夜の女”にイメージ転換。私生活では、'71年に俳優の故・和田浩治さんと結婚したが、翌年にスピード離婚。それ以降は独身を貫いたが、当時プロ野球選手の東尾修と不倫騒動が取りざたされるなど、ざっくばらんな性格でお茶の間を沸かせる破天荒な女性だった。

1964年の梓みちよさん(享年76)。最後に発表した『こんにちは赤ちゃん』が大ヒットを記録する

“よき母”のイメージで知られる松坂慶子

現在も映画やドラマで活躍し、昨年はニューヨークでディナーショーも開催している松坂慶子

 今ではすっかり“よき母”のイメージで知られる松坂慶子(67)。1973年にNHK大河ドラマ『国盗り物語』で濃姫を演じたころから女優として人気を博した。当時は凛とした美人役や、可愛いおてんば娘など清純派の役柄が中心だったが、'74年放送のドラマ『阿蘇の女』で共演した元ウエスタン歌手の故・小坂一也さんと恋に落ちる。既婚者である小坂さんとの交際は“略奪愛”と呼ばれ、世間を騒がせた。

 '90年にジャズギタリストと結婚。近年ではNHK朝ドラ『まんぷく』や大河ドラマ『西郷どん』で母親役を好演した。

'72年の松坂慶子