“長寿の町”として有名な、京都府の日本海側にある京丹後地域。そこに住む人たちを調べたところ、いま大注目の“善玉菌”がお腹の中に多くいることがわかったといいます。いったい、どんな善玉菌なのか? 『京丹後長寿コホート研究』において腸内細菌の分析を担当された、京都府立医科大学消化器内科学教室准教授の内藤裕二先生にお話を伺いました。

◆   ◆   ◆

私たちの健康を守る新たな味方、『酪酸菌』

 私たちが調べた京丹後という地域は、いまでは新しい道路が整備され、京都市から車で2時間ほどあれば行くことができます。ですが、以前は交通の便がとても悪く、コンビニすらも、ほとんどないようなところでした。そのため高齢の方々は自分で畑を耕し、近くの海や山から食料を調達するような暮らしをしていました。

 その京丹後が長寿で一躍、有名になったのは、この町に住んでいた故・木村次郎右衛門さんが、“もっとも長く生きた男性”として、ギネス世界記録に認定されたことがきっかけだと思います。

 実際、京丹後市は100歳以上の人口が全国平均の約2.7倍もあり、京都市と比べると、大腸がんにかかる人の割合は半分以下です。そこで、京丹後市の病院と共同で、京丹後市と京都市に住む65歳以上の高齢者51人ずつに便を提供してもらい、腸内細菌を比較しました。すると、興味深い結果が。京丹後市の人に多かった上位4つは、『酪酸菌(または酪酸産生菌)』と呼ばれる種類の善玉菌だったのです。

 これまでは善玉菌というと、『ビフィズス菌』や『乳酸菌』が取りあげられることが多かったですが、近ごろ注目されているのが、この酪酸菌。

 いわゆる善玉菌というのは、私たちが食べたもののうち、消化・吸収されずに腸に届いたものを“エサ”として食べ、健康にいい物質を作り出しています。その物質を「代謝物質」と言ったりしますが、酪酸菌は『酪酸』という代謝物質を作り出す腸内細菌のことです。

 酪酸には、腸管の中を無酸素状態にする働きがあります。善玉菌にとっては酸素がない状態のほうが好ましいのですが、実は、私たちの健康によくない悪玉菌は、酸素があっても生きられます。つまり、酪酸は善玉菌が好む環境を作り、悪玉菌を腸に住みつきにくくする働きがあるのです(写真ページのイラスト図解参照)。

酪酸の働きをイラストでわかりやすく解説!