「あなたの嫌いな女性芸能人は誰ですか?」。3月中旬から下旬にかけて、週刊女性では読者ハガキやインターネットでアンケートを実施。20歳から87歳までの女性、1450人が『嫌いな女ランキング2020』に回答してくれた。気になる結果や、いかに?

和田アキ子V3! 大御所や若手女優も容赦なし

 超ぶっちぎり! 余裕と貫禄の1位は、和田アキ子(70)。なんとV3('15年、'19年)を達成した。古希を迎えようとも、まったく衰え知らず(※ランキング一覧表は写真ページに掲載)。

「高圧的で怖い」(29歳・フリーター)、「いつも上から目線。自分がいちばん偉いと思っていそう」(55歳・パート)、「偉そう。長く芸能界にいるから裸の王様状態で、注意する人がいない」(60歳・主婦)、「大御所ぶって中身がない」(36歳・無職)

 作家の岩井志麻子さんは、この結果に感嘆。

アッコさん、すごいなぁぁぁ! 総合ランキングだけじゃなく、年代別のランキングでも、全世代1位ですよ!? これはもう偉業達成と言っていい。この間、『有吉反省会』(日本テレビ系)の収録で若い子がピンク・レディー様のことを“誰それ?”って言ったんですよ! どんなに一世風靡(いっせいふうび)しても露出し続けないと若い世代には認識されない。

 でも、ウチの息子は平成生まれですけど、美空ひばりさんのことは伝説の人として知っている。アッコさんもその域に達しかけていますよね。そう考えると、アッコさんはものすごく偉いんですよ!」

 一方、コラムニストの吉田潮さんはこう語る。

「やっぱりアッコさんは、日曜昼の『アッコにおまかせ!』(TBS系)。この番組以外では、あまり見ない。朝は張さん、昼アッコみたいな(笑)。かつネットニュースでも“アッコがこう言った”と報じられる。その役目を背負わされがち。実際にテレビを見てなくても“また和田アキ子が偉そうなことを言ってる”になる。でも、別に偉そうじゃないですよ。おばちゃんだったら、誰でも言うことなんですよ。そんな相乗効果で嫌いの方向に行ってるんじゃないかと思いますけど」

 惜しくも2位に敗れたのは、泉ピン子(72)。しかしながら、前回から3ランクアップで存在感を見せつけた。

「下品。うるさい」(34歳・会社員)、「嫌みなことをズバズバ言う」(32歳・無職)、「厚顔無恥」(63歳・会社役員)、「SMAPのことを知らないくせに!! お門違いの発言が許せない」(66歳・主婦)

『アッコにおまかせ!』に出演した際、ジャニーズ事務所を退所する中居正広へのコメントもやり玉に。前出の吉田さんは、

「アッコさんといい、ピン子さんといい、みんな、ばばあが嫌いなのね(笑)。老害扱いというか。でもね、ばばあの言うことには一理あったりするのよ(笑)。

 あと、物言う女が嫌われるのって、ちょっと怖い気がします。“女は黙ってろ”っていう風潮ではもうないはずなのに。“#MeToo”“#KuToo”もそうだけど、やっぱり声に出して言わないといけない時代。私は、ニコニコと唯々諾々(いいだくだく)で、何でものみ込んじゃう女の人のほうが怖い。この2人は必要悪という感じがしますけどね」

 必要悪──。岩井さんがさらに続ける。

「昔のフランスには、公式寵姫(ちょうき)っていう、宮廷も国民も認める公式の愛人みたいなのがいたんですよ。ポンパドール夫人とかデュ・バリー夫人とか。王をたぶらかして贅沢三昧……みたいな。だから、王妃が攻撃されないんですがルイ16世だけは愛人を持たなかった。

 ゆえに、不満や憎しみがすべて王妃マリー・アントワネットに集中した。私は、アッコさんとピン子さんは芸能界の公式寵姫だと思うんですね。多くの女性タレントたちの批判をかわすために芸能界に存在している。公式寵姫はおとなしい、控えめで優しい女ではダメなんですよ」

 昨年よりワンランクダウン。大御所に次ぎ、トップ3入りを果たしたのは、鈴木奈々(31)。

「うるさい」(40歳・会社員)、「常識がない」(24歳・会社員)、「同じ言葉を連呼しすぎ。オーバーすぎる身振り手振り」(50歳・パート)、「下品」(45歳・主婦)

 実に7割以上の理由が“うるさい”。しかしながら、

「彼女がテレビに出てうるさくなかったら、そんなの出演料泥棒じゃないですか(笑)」(岩井さん)

嫌いな女2020ランキングTOP77(1〜15位)