(写真左から)久本雅美、田中みな実、ベッキー
【一覧表】嫌いな女TOP77&年代別ランキング、好きな女TOP20を一挙公開!

田中みな実は味方も敵も多い

 4位は、写真集が60万部超えの大ヒットとなった田中みな実(33)。前回17位からの大躍進で、重版出来(しゅったい)!

「したたか」(47歳・パート)、「勘違い感と気の強さ」(43歳・会社員)、「男性の前では猫かぶって裏ですごくあくどいことを考えていそう」(59歳・主婦)、「どうして自信満々なのかわからない。その自信ぶりと、オンナ感が不気味。この夏、わきを見せるCMをずっと流されるのかと思うと不快」(50歳・主婦)

 あざとい、ぶりっ子の声も多かった。内科医で作家のおおたわ史絵さんは、

「写真集が売れすぎちゃったからでしょうね。アナウンサーでもあり、学歴もあり、スタイルもよく、セクシー。みんな腹が立つんじゃないですか? 一方で、田中さんは好きのランキングのほうでは20位。敵も味方も多い人ってことですね」

 吉田さんはこう見る。

「あざとい人、みんな嫌いなんだね。でも、たくましくない? まねできる? これが自分の戦略だとしたら、すっごい賢い人だと思いますけど。最近はドラマにも進出。東海テレビの『絶対正義』とか、4月からも『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)とか。だいたい不倫する役で、小柄だから映えないんだけど悪くないですよ。女優として化けそうな気がします」

 トップ5入りを果たしたのは、久本雅美(61)。還暦を過ぎて、前回13位から“ポンッ”と大幅アップはご立派。

「テレビ番組で男性へのセクハラを頻繁にしていて、見ていられない」(29歳・会社員)、「すぐ下ネタに持っていくあたりが不愉快」(34歳・会社員)、「年がいもなく 恥ずかしいギャグ」(64歳・主婦)、「強引な宗教勧誘のうわさ」(47歳・事務)

 下品さを理由に挙げる人も多かったが、

「そもそも『ワハハ本舗』自体が上品な演劇団体ではなく、やっぱりお下劣パフォーマンス集団。そのお下劣のところもひっくるめての久本さん。それを下品だって言っちゃったら、始まりませんよ」(おおたわさん)

「でも、私が久本さんにお会いしたときには、特に勧誘されませんでしたけどねぇ(笑)」(岩井さん)

 6位には、ベッキー(36)。昨年結婚し、今年3月には第1子を出産。前回は3位だったが、ついにトップ5から陥落してしまった。

「不倫騒動後から好きじゃない」(33歳・主婦)、「不倫して、ウソついて、謝罪して、結婚して、妊娠したなら、専業主婦にでもなればいいのに」(39歳・主婦)、「表の顔と裏の顔のギャップが大きすぎて、いまだに顔を見たくない」(65歳・自営業)

 あの不倫騒動から4年。しかし、世間は忘れない。

「やっぱり女の人から見ると、奥さんのいる人に横恋慕した人。結婚、出産も“何、自分だけ幸せになってるのよ!”と思う人もいるんでしょうね。でも最近は女優業にシフト。“明るいベッキー”ではない、汚れ役や嫌われ役をどんどんやっていけばいいんです。逆に、あのまま優等生を続けていたら、バラエティーからの広がりがなく、それはそれで苦しかったはず。今後が頑張りどころなのでは?」(おおたわさん)

 そろそろお役ご免感が出てきた、とは吉田さん。

「唐田えりかさんも出てきましたしね。ベッキーはベッキーの道を歩いてるんですよ。最近は、サイコパス女の役にも挑戦してますし。BSテレ東でやった『くノ一忍法帖蛍火』なんて、彼女が肩チラするだけで敵が悩殺されるという、まあひどいドラマでしたけど、“頑張れ、ベッキー”って私は思いましたよ」