週刊女性は、好きな知事&嫌いな知事について5月第2週にネットアンケートを実施。30歳から、なんと90歳(!)まで、1800人もの女性に回答をしてもらった。最初で最後かもしれない、このランキングの結果やいかに?

好きな知事

1位 吉村洋文知事(大阪)/897票

吉村洋文知事(大阪)

 好きな知事、堂々の第1位は大阪の吉村洋文知事(44)。なんと897票を獲得し、ほぼ半数の人が名前を挙げた形。超ぶっちぎりの1人勝ちとなった。

「府民のため身を粉にして働き、やっていることに透明性があって信頼がおける」(65歳・兵庫・主婦)、「判断力と実行力。わかりやすい説明力」(70歳・神奈川・自営)、「コロナ終息を数字で示した」(59歳・神奈川・主婦)、「言動がカッコよすぎる。総理になってほしい」(宮城・32歳・医療関係)、「イケメン」(山口・30歳・主婦)、「このような知事なら大阪に引っ越したい」(京都・44歳・無職)、「今一番、国民を引っ張ってくれるリーダーだと感じるから」(兵庫・57歳・主婦)
 
 決断力、行動力、一生懸命さ、リーダーシップ……知事としての働きを多くの女性が評価。イケメン、カッコいいなどの意見も多かった。コラムニストの辛酸なめ子さんは、このように見る。
「やっぱりメディアによく出ていて、感染者数が多く、対策に追われている知事が上位に来ましたね。
 
 吉村知事は“大阪モデル”を提案され、それがうまくいっている。頼りがいがあるイメージなんでしょう。あと、会見前にマスクをパッと取る仕草は、自分がイケメンだと知っているかのよう。成果が出ているからこそ、その仕草も様になっていて素敵に見えます」

2位 小池百合子知事(東京)/379票

小池百合子知事(東京)

 2位には東京の小池百合子知事(66)。1位の吉村知事には、ダブルスコア以上をつけられてしまった。

ハッキリとした発言力、わかりやすい説明、親しみやすいのにオーラが高級」(広島・30歳・会社員)、「女性の都知事として、とても魅力的だから」(東京・31歳・主婦)、「国会議員よりもよっぽど肝が据わっていて頼りになる」(埼玉・38歳・会社員)、「保身よりも、都民のためを考えている」(63歳・神奈川・パート)
 
 この結果に辛酸さんは“女性の時代”を感じるという。
「落ち着いたしゃべり方に安心感を覚えます。ニュージーランド、デンマークなど女性がトップの国は柔軟な対応で感染者を抑えられていると報じられていますが、2位になった小池知事もそのひとりですね

3位 鈴木直道知事(北海道)/319票

鈴木直道知事(北海道)

 3位には、最年少知事である北海道の鈴木直道知事(39)が若々しく登場。

“責任は私が取ります”と発言されたことに感銘を受けました。最近こんな言葉を使った政治家がいたでしょうか?」(62歳・北海道・主婦)、「コロナ対策で一番早く緊急事態宣言を出した勇気」(47歳・福岡・自営)、「道民を守るための決断が早く、柔軟性もあり、誠実な人柄を感じられるから」(48歳・大阪・無職)、「苦労して大きくなったから、庶民の気持ちがわかる」(71歳・長野・自営業)
 
 東京都庁職員として働きながら大学を卒業した苦労人は、夕張市長をへて現職に。
「鈴木知事は、初期に北海道でどんどん感染者が減っていっていったとき、海外でも“カッコいい”と評判になってました。鈴木知事はマスクをしていても、イケメン度が際立っていますよね。妙齢の女性の知人は、“あのマスクをはぎ取りたい”と興奮した面持ちで語っていました」(辛酸さん)

4位 中村時広知事(愛媛)/38票

中村時広知事(愛媛)(愛媛県知事・中村時広の公式ホームページより)

 4位は愛媛の中村時広知事(60)がランクイン。ここから票数は2桁に激減し、獲得票は38票。うち33票が愛媛県民によるものだった。

目立ちはしないが県民を思ってくれていると感じる」(37歳・愛媛・主婦)、「忖度しない」(73歳・愛媛・主婦)、「はっきりと政府に意見を言うから」(62歳・神奈川・主婦)、「加計学園問題で気持ちのいい発言をした」(64歳・大阪・主婦)
 
 松山市長をへて、現職。父親(故・中村時雄さん)も松山市長を務めていた。
地元に認められている知事なんですね。ゆえに、県民が吉村知事や鈴木知事に目移りしないんですね」(辛酸さん)

5位 平井伸治知事(鳥取)/35票

平井伸治知事(鳥取)

  5位には鳥取の平井伸治知事(58)が。やや地味な印象のある鳥取県が、ここではキラリとトップ5入り。

ユーモアがあり、仕事が早く、県民に親しまれる存在」(42歳・鳥取・無職)、「自虐を交えながら、話がわかりやすいから」(48歳・大阪・主婦)、「ダジャレで鳥取県をアピールしたり、新しいことを思いついたり、アイデアが良い」(42歳・岡山・パート)、「コロナ対策の病床確保が優秀」(41歳・広島・会社員)、「医療体制を事前準備してコロナの感染拡大を抑えた。人柄が良さそう」(55歳・兵庫・主婦)
 
 メディアにもたびたび登場し、“スタバはないけど砂場はある”“カニはいるけど金はない”など、お茶目なダジャレを炸裂させている。

「自虐っぽいダジャレには癒されます(笑)。クラシックな7:3分けだけど、笑顔はかわいらしく、すごくいい人そう。知事っていうと官僚出身で堅そうな人が多いイメージですが、こういう方が自分の住む地域の知事だといいなって思わされますよね」(辛酸さん)