「STAY HOME」というご時世もあり、懐かしのテレビドラマが再放送され話題になっている。そこで注目が集まるのは、やはり女優の美貌や劣化具合!

 今や愛されアンチエイジング女優としての地位を確立した感のある石田ゆり子、21冊目の最新写真集『Brand new me』でも健康的な水着姿を披露している深田恭子などが女性の美の憧れとしてよく名前があがるが、逆に激ヤセや激太り、汚肌など“がっかりニュース”で話題になってしまう女優も。

 しかし家にいる時間の多い今、女優たちの美を参考に自分磨きをするチャンス!? 芸能人のアンチエイジングや美容事情に詳しい美容整形外科『高須クリニック』の高須克弥院長が、人気女優たちの美容分析を行った過去記事をまとめてご紹介!

※■の見出しは元記事のタイトル

石田ゆり子、ダントツのみずみずしさの秘訣は

写真左から、同世代の永作博美、松下由樹、石田ゆり子、大神いずみ

■石田ゆり子と同世代アラフィフ美女の老化差に高須院長「石田さんは○○が早かった」

 2016年に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演した石田ゆり子。当時47歳とは思えぬ若々しさと美しさが大いに話題になり、主演の新垣結衣と並んで不動の人気を獲得した。

 そんな“年齢逆詐称”とも言える石田のブレイクとは逆に、同世代女優には変化が。かつては「若見え女優代表」と言われていた永作博美はシワとたるみ、スレンダー体形が売りだった松下由樹はもったりしすぎた感のあるダブつきフェイスライン、元祖アイドル女子アナとして人気だった大神いずみは目・頬・二重あごというたるみトリプルパンチ老化を高須院長がズバリ指摘! アラフィフで大きく差が出てしまう“オバ見えポイント”を解説した。

 また、石田の顔を高須院長にジャッジしてもらうと、肌のみずみずしさを絶賛。院長が「相当気を使っているだろう」と予想する石田のアンチエイジングケアの方法とは?

 一方、永作・松下・大神の顔面チェックでは「3人揃ってたるんでいる」と指摘。顔面の造作いかんではなく、歳を重ねると重視されるのが“たるみ具合”だと教えてくれた。3人が若返るためのアドバイスや、“若返りの3大対策”は必読です!

戸田恵梨香、左・当時18歳のころ(2007年)と右・30歳のころ(2018年)

■激ヤセと噂の戸田恵梨香に高須院長「ダイエットは口から痩せるんだよ」

 10代のころから女優として実績を積み、美しさにも定評がある戸田恵梨香。だがその美貌とは裏腹に“激ヤセ芸能人枠”ではとにかく名前が上がりやすい。

 かつて俳優の綾野剛や勝地涼との交際や失恋が原因で激ヤセが噂された戸田は、身長163センチと高めであるのに対し、推測体重42キロとも言われ、加瀬亮との交際が報じられた2016年当時は体重30キロ台まで落ちた可能性も推測されるほどだった。

 そこで戸田の10代の頃と28歳(当時)の写真を高須院長に見比べてもらうと、骨っぽさが目立つといい、「骨格的にもダイエット向きじゃない。減量することでギスっとなるタイプ」と分析。

 さらに、戸田は以前から笑ったときに歯茎が露出する「ガミースマイル」気味だったが、痩せすぎてより歯茎が目立つという声に対し、高須院長は「ダイエットは口から痩せるんだよ!」と注意。口元が貧相だと老け見えの原因にもなるとのことで、ガミースマイルの直し方も伝授した。