「5月15日の夕方、突然のことでしたが『済生会中央病院』に宮内庁職員の方からお電話をいただきました。

 “秋篠宮ご一家と職員で、ビニール製の医療用ガウンを作ったので、これからそちらにお持ちします”とのことで、あまりのサプライズにたいへん驚きました。

 職員が届けてくださった段ボールには100着のガウンに加え、ご一家全員と職員5名の直筆メッセージカードも同封されていたのです」

 そう話すのは、社会福祉法人恩賜財団済生会』事務局の広報担当者。

済生会とは明治44年、医療によって生活困窮者を救済しようと、明治天皇が設立した日本最大の社会福祉法人

 全国で病院や診療所を運営している団体で、緊急事態宣言が解除された現在も、新型コロナウイルスの感染患者を受け入れるなど、今の日本医療界を支えている。

 秋篠宮さまは'13年4月から『済生会』の名誉総裁に就任されており、今回、ご一家全員でポリ袋と養生テープを使い、感染症患者を治療する従事者のために“特製ガウン”を作られた

5月15日に『済生会』に贈られたご一家の“手作りガウン”

 5月22日には、追加で200着のガウンを『済生会』の本部にプレゼントされたという。

 さらにもう1回、29日にも追加で200着のガウンが届けられたと話してくれたのは『済生会』の炭谷茂理事長。

「28日に宮内庁職員の方からお電話をいただいて、翌日の午前中にガウンを新たに200着と、メッセージカード2枚もちょうだいしました。これでガウンは合計で500着です緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ患者はいらっしゃいますし、ガウンは足りていない状況なので本当にありがたいです