折からのコロナ禍で、放送を一時中断することになったNHKの連続テレビ小説『エール』。当面、これまでの再放送でその穴を埋めるという。

 そんな『エール』のナレーションを務めているのが、“ツダケン”こと声優の津田健次郎。その低音ボイスで大人気の声優だ。大人気アニメ作品である『薄桜鬼』『テニスの王子様』『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』や、映画『スター・ウォーズ』シリーズの吹き替えも担当。彼の公式ツイッターのフォロワー数は、50万人を優に超える。

津田さんは、もともと俳優なんです。渡辺謙さんの出身劇団の養成所に入って芝居の道に。『JIN-仁-』『花より男子』といったドラマへの出演経験も」(舞台関係者)

 それが、20代半ば、当時の所属事務所からすすめられ、アニメの声優オーディションを受けたところ一発合格。

「今ではすっかり声優のほうが本業です。声優なんですが、写真集も出版されているほどのイケメン。その写真集は、今では定価の6倍ものプレミアムがつくほどの人気です」(アニメ制作会社関係者)

恋愛・結婚にはアイドル以上に神経質

『エール』ナレーターとして津田の起用が発表され、放送が開始するやネット上にはファンの歓喜の声があふれた。

《朝から魅惑ボイスが毎日聞ける幸せ》《ツダケン聞くためのドラマになってる》《表現力がやばい》

 実際、回を追うごとに津田の“語り”が、存在感と評価を増しているという。

「一般の視聴者の方からも、そして制作スタッフや出演者からも“バックに音楽がかかっている中でも、よく聞こえる”“津田さんの声が落ち着いていて心地いい”“高齢者にも聞き取りやすいし、何よりうまい”と絶賛されているんですよ」(NHK関係者)

NHK朝ドラ『エール』のナレーションも務める津田健次郎。かなりのイケメンだ

 だが、そんな津田には、今まで1度も語ることがなかった大きな“秘密”があった。

実は津田さん、結婚しているんです。籍を入れたのは、もう10年以上前のことだと聞いています。お子さんもいらっしゃるそうで。津田さんに近しい関係者や知人の間では、公然の秘密です」(前出・舞台関係者)

 声優専門誌やアニメ専門誌をはじめ、数多くのインタビューに答えている津田だが、これまで結婚についてはもちろん、私生活すらも、ほとんど語っていない。

取材では“恋愛観や女性観、過去の恋愛話についての質問はNG”というのが暗黙の了解。まぁこれは津田さんに限らず、声優業界……特に男性声優さんでは、よくあることですけどね。声だけで表現する仕事ですから“出演作品や演じるキャラクターのイメージを損なわないように”ということを気遣うんです。最近でこそ、交際や結婚をオープンにする声優も増えてきましたが、ある意味、アイドルよりも恋愛や結婚については神経質な業界なんです」(前出・アニメ制作会社関係者)