「子どもの遺体を土に埋めるなんて、そんなひどいことは絶対にしそうにないまじめで明るい生徒だったのに……」

 長野県諏訪郡の自然豊かな土地で育った京田麻理乃容疑者(36)の同級生は、驚いたように声をあげた……。

第4子を第3子の代わりに

 長年連絡をとらず、名字も変わっていた友人が凄惨な事件で逮捕されたからだ。

 6月29日の朝、北海道旭川市で靴ははいていたが、パジャマ姿の迷子の女児(5)と男児(3)を警察が保護。

 自宅から3キロほど離れていた路上で姉弟は、「おじいちゃん家に行くところ」と話したが、自宅へ送り届けると家族構成に不審な点が。

 この姉弟の下に、2歳近くの次女がいるはずだったが、別の乳児がいて両親は「この子が次女です」と説明。 

 しかし、この子どもは夫婦の第4子にあたる男児で、無戸籍であることが判明した。

 両親に事情を聞くと、「次女は昨年、死んでしまって、庭の土に埋めている」と供述。

 自宅の庭の深さ1メートルに満たない穴から、服を着て布にくるまれた状態で乳児の遺体が発見され、父親の陵容疑者(38)とともに、麻理乃容疑者も逮捕された。

事件現場となった旭川市の容疑者夫婦の自宅は、陵容疑者の父親名義

 司法解剖や供述によると、次女は約1年前の夏ごろ、1歳になる前に死亡。頭部には外傷があったため、それが死因かどうかを慎重に捜査している。

 地元メディアの記者がその間の状況を説明する。

「『旭川市子育て支援部』が次女を最終確認したのは、昨年2月。その前の月の4か月健診に来なかったため、自宅を訪問しましたが、そのときには虐待などは認められなかった。今年4月の1年6か月健診にも来ていないので、7月に訪問する予定でした」

 近所では夫婦が、子どもと一緒に散歩したり、コンビニで買い物をしたりする姿が目撃されているが、こんな出来事を記憶している住民も。