「ママが倒れてて死んじゃう! 男が怒って刺した!」

 助けを求めてそう泣き叫ぶ男児。それを聞きつけた同じ県営住宅の70代の住人は、

「ワシがその子と一緒に行ったら、部屋の中で母親がベッドの上であおむけに倒れとって、腹のあたりが血で真っ赤に染まっとった。でも、手が動いとったから、まだ生きとる思うて、すぐ119番したんや」

 と証言したが……。

「凶暴でいいところがない男」

事件現場となった県営住宅の部屋にはブルーシートがかぶせられていた

 7月12日の日曜日の午後1時33分、消防署からの通報を受けた兵庫県警飾磨署員も出動し、姫路市の田口朱音さんはすぐに病院へ搬送されたが、すでに手遅れ……。

 死因は刃物で腹部を2か所刺されたことによる急性失血死で、ほかに両腕には傷があり、首には押さえられた痕もあったという朱音さん。

 殺人容疑で逮捕されたのは、吉直優一容疑者で、事件直後に朱音さんの車で京都まで逃走したが、約5時間後に京都府警上京署にみずから出頭。

「彼女と付き合っていたが、別れ話になってカッとなり、部屋にあった包丁で刺した。殺すつもりだった」

 などと供述している。

 ふたりは姫路の同じキャバクラに勤務していた時期があったが、

「付き合っていたとはとうてい思えません。朱音さんが、あんな凶暴で、いいところがない男と付き合うはずがない。仕事上の上下関係を持ち込んで、強引に転がり込んだり、つきまとったりしていたのだと思います」

 と2人を知る関係者。

 警察が発表した吉直容疑者の住所は不定なので、一緒に暮らしていたわけではないようだ。

 6月には容疑者が朱音さんに暴力を働いたとして、被害届を提出したが、朱音さんは容疑者のことを「知人」と書いていた。

 容疑者のフェイスブック上の既婚や独身を示す「交際ステータス」は、「交際中」となっており、それが朱音さんのことなのかは不明だ。