'15年、銀座で飲み歩いていた滝沢秀明&今井翼。2人ともハットにサングラス姿で、まるで兄弟のよう(1/4)
【貴重写真】“兄弟ルック”で夜の銀座に繰り出した滝沢秀明&今井翼('15年)ほか8枚

 6月にはNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも、物語のターニングポイントとなる『桶狭間の戦い』で、重要な武将役として出演した今井。

「同じシーンこそありませんでしたが、今年の大河ドラマには現役ジャニーズの風間俊介さんも出演中なんです。同じドラマに現役ジャニーズと元ジャニーズが出演したのも異例だと言われています」(前出・テレビ局関係者)

タキツバ、銀座を満喫した懐かしの夜

 そんな今井の活躍に、陰ながらエールを送っているのが、ほかでもない、タッキーだという話もある。

「滝沢さんは長年『滝沢歌舞伎』という舞台に出演し、演出も手がけていますし、ジャニーズ事務所は以前から歌舞伎と深い関係があるんです。今井さんが移籍したのは、歌舞伎俳優の片岡愛之助さんらが所属している事務所で、今回の今井さんの大河出演は、同じく大河出演中の片岡愛之助さんによる猛プッシュがNHKに対してあって、それを今やジャニーズ事務所の幹部である滝沢さんも快諾したので、スムーズに話が進んだのでは、と言われているんです」(舞台関係者)

 週刊女性はかつて、まだ『タッキー&翼』として活動中のふたりを、夜の銀座で目撃したことがある。メニューに値段は書いていないが、さほど高くはない和食店で男ふたり、顔を突き合わせながらサシ飲みをしていたタキツバ。今井が滝沢のために料理を取り分けたり、「コレ、おいしいね」と言い合ったり。2時間ほどして店を出たふたりが“2次会”として向かったのはキレイなお姉さんたちが接客する銀座の高級クラブ。当時の今井が行きつけだった店に滝沢を誘って、日付が変わるころまで夜の銀座を満喫したものだった。

「翼さんはスタッフや裏方さんにも気をつかうので、評判がいいんです。翼さんのジャニーズ時代のマネージャーさんは、新宿二丁目でも顔がきくらしく、そのマネージャーが行きつけのゲイバーには、今もタッキー&翼の直筆サイン入りポスターが飾ってあります。翼さん自身も、ちょくちょく顔を出すそうです」(前出・舞台関係者)

 いまや立場もステージも違うふたりだが、かつてデュオとして抱いた“夢物語”は、今も共有しているのかも。