24時間の事件を1時間ずつ、1話で描いたアメリカの人気ドラマ『24』リメーク版に主演する唐沢寿明。オリジナル版放送から約20年を経ても変わらぬ作品への思いと、主役としての矜持とは――。

着信音も変えた極秘ミッション?

「(主演が)バレないために、(携帯の)着信音を変えていました」

 アメリカの人気ドラマ『24』をリメークした、連続ドラマ『24 JAPAN』(10月9日スタート、テレビ朝日系金曜午後11時15分~、※一部地域を除く)に主演する。

 1年前にリメーク版のニュースが報じられたときは、すでにオファーを受けて主演が決まっていたが、正式発表は今春に。気づかれないように、大ファンのオリジナル版が放送された2001年から『24』に登場する電話音を自分の携帯電話の着信に使っていたが、発表されるまでは別の着信に変えていた。

「(発表前に)俳優仲間から“唐沢さん、やるんでしょ?”と聞かれて、“おれは聞いていないけど”と、ごまかしていました」

 と明かす。

唐沢寿明 撮影/高梨俊浩

 キーファー・サザーランド扮するテロ対策ユニット(CTU)の捜査官ジャック・バウアーが、凶悪事件と闘う姿を描いたオリジナル版は、1日(24時間)の出来事を1時間ごと、1話ずつで描き、スピード感と緊張感を増幅させた画期的な手法で、世界的にヒットした。

 日本では深夜に放送されたが、ハマるファンが続出。唐沢もそのひとりだった。

「シーズン1から8まで何十回も見ていて、ストーリーも知っているのに見始めると続きが気になる。もう1話だけ、もう1話だけと思っているうちに、眠れなくなるんです。日本版でもハマってもらえる作品にしたいですね」