昨今、主人公たちが2人1組のコンビで活躍する“バディドラマ”が急増中。この秋も山田涼介と田中圭のイケメン同士がタッグを組む『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』など、話題作がスタート。いまやすっかりドラマ界のトレンドに。そんな注目のバディドラマを女性読者900人が選んだ人気ランキングトップ7とともに徹底解剖!

『半沢直樹』も最後は
バディものになった!?

 『MIU404』(綾野剛&星野源)、『BG〜身辺警護人』(木村拓哉&斎藤工)、『未満警察ミッドナイトランナー』(中島健人&平野紫耀)、『SUIT2』(織田裕二&中島裕翔)、『竜の道二つの顔の復讐者』(玉木宏&高橋一生)などバディもの花盛りだった夏ドラマ。

 あの『半沢直樹』にしても最終的には半沢(堺雅人)と大和田(香川照之)がバディっぽい関係になっていたし、今のドラマのトレンドがバディなのは間違いない!

「『MIU~』が典型的なんですけど、バディものの醍醐味って命のやりとりだと思うんですね。相手に命を任せられるかがバディのキモで、それが『MIU~』ではうまく描かれていました。命への不安感が増している今という時代、そういう固い絆を見たいという欲求も強いんじゃないでしょうか」
 
 と語るのは、ドラマウォッチャーで漫画家のカトリーヌあやこさん。
 
 読者による投票で好きなバディドラマの1位に輝いたのは、その名もズバリの『相棒』だ。

左から及川光博、成宮寛貴、反町隆史

「20年目に入った大人気シリーズで、まさにバディものの金字塔。バディの基本はクール&ホットで、初代の水谷豊&寺脇康文はまさに王道バディでした。それが及川光博、成宮寛貴、反町隆史というふうに相棒役が変わっていくとバディの関係性も変わっていった。それぞれに違う面白さがあって、そこが今なお愛される秘訣だと思います」(カトリーヌあやこさん、以下同)
 
 2位の『あぶない刑事』のタカ(舘ひろし)&ユージ(柴田恭兵)も日本を代表するバディ。30年にわたって活躍し続けたレジェンドだ。一方で3位の『MIU~』の綾野剛と星野源はイマドキ感の強い現代的なバディだった。

「2人のキャラクターや距離感がすごく今っぽいなと。あと2人以外にもベテランと新人(橋本じゅん&岡田健史)や女性同士(麻生久美子&黒川智花)という毛色の違うバディを同時に描いていったのも新しかったですね」
 
 刑事ドラマ以外にもミステリー系のバディものは多い。この場合の2人は対等というよりも主従関係に近く、かつ変人&普通というのが基本の組み合わせだ。

「『シャーロック・ホームズ』のホームズとワトソンの関係性、いわゆる天才とそのお守役です。男女バディにこの手の名作が多い気がします。『TRICK』『ケイゾク』『SPEC』『時効警察』などがそう。男と女だけど決して恋愛関係にはならない。でも逆に、そこにエモーショナルな盛り上がりがあるというのが男女バディの面白さですよね