『TRICK』(テレビ朝日系)

出演/仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久ほか

美男美女による変人バディの面白さ 

 貧乳の自称天才マジシャン・山田奈緒子(仲間由紀恵)と巨根の物理学教授・上田次郎のコンビが奇怪な事件を解決していく'00年から放送されたミステリーコメディー。演出の堤幸彦による小ネタギャグや視聴者からのツッコミを誘うシーンがふんだんにちりばめられ、放送と同時に掲示板が盛り上がるというネット時代のドラマの先がけとなった作品でもある。「仲間由紀恵と阿部寛という美男美女の突き抜けた変人っぷりがオモシロすぎました」(福岡県・48歳)

『SPEC 〜警視庁公安部公安 第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(TBS系)

出演/戸田恵梨香、加瀬亮、神木隆之介ほか

'13年公開の『劇場版SPEC〜結〜』の完成披露舞台挨拶にて 撮影/週刊女性写真班
すべての写真を見る

アニメ的世界を面白クールに描く怪作

 超能力などを使った特殊な犯罪を捜査する未詳事件特別対策係の捜査官、天才で変人の当麻(戸田恵梨香)と元SITの瀬文(加瀬亮)が特異能力を持った犯罪者たちと対決していく'10年からスタートしたミステリードラマ。『ケイゾク』('99年)の世界観を踏襲しており、監督も同じ堤幸彦。『トリック』的な小ネタギャグと『ケイゾク』的な退廃さをあわせ持ち、マニアックな人気を得てシリーズ化もされた。「当麻やスペックフォルダーたちのキャラクターが、どこかアニメっぽくてハマりました」(埼玉県・38歳)

『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)

出演/生田斗真、小栗旬、上野樹里ほか

刑事とヤクザが警察の闇を暴く!

 同じ児童養護施設で育った2人が警察とヤクザという相反する立場を越え、恩師の殺害事件の裏にある警察の闇を暴いていく'15年の連ドラ作品。普段は冴えない刑事を演じつつ、圧倒的な能力を秘めるイクオを生田斗真が、冷静沈着で理知的なヤクザ・竜哉を小栗旬が演じる復讐系バディストーリー。「普段でも仲のいい生田君と小栗君がバディっていうだけで萌えた。生田君が小夏先輩(清野菜名ちゃん!)と結婚したのもうれしかったです」(栃木県・33歳)

カトリーヌさん厳選
アツイぜ! バディドラマ

イラスト/カトリーヌあやこ

「『傷だらけの天使』では、“アーニキー”と言ってオサムにくっついて回ってた水谷さんが今や『相棒』の柱。『MIU404』もそうですが、有無を言わさずイケメンを2人出せるのも、今バディものが多い理由かもしれません。個人的には、主役ではないのですが、『BORDER』のサイモン(浜野謙太)とガーファンクル(野間口徹)というハッカーコンビが好きで。少年院で出会った2人なんですが、ドラマの片隅に出てるバディというのが面白かったです

取材・文/蒔田陽平