'19年10月からを“30周年イヤー”と位置づけて、今年3月4日にアルバム『Bespoke(ビスポーク)』の発売を予定していた槇原敬之。

 しかし、今年2月に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、8月には懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡された。'99年に続く、2度目の逮捕に多くのファンは失望し、記念すべき節目のタイミングに泥を塗ってしまった感は否めない。

 だが、『どんなときも。』『冬がはじまるよ』など自身のヒット曲に加え『世界に一つだけの花』をはじめ提供楽曲にも名曲がそろう槇原敬之という日本を代表するミュージシャンの功績を、きちんと振り返ることも大切なはず。槇原敬之は罪を犯したが、“マッキー”の楽曲に落ち度はないのだから─。

 そこで今回、小誌では、ネットでアンケートを実施。ファンの声に加え、かつて自身のメールアドレスに“lovelovemacky”という文字列を入れるほど、“大の槇原敬之ファン”と公言するお笑いタレント・坂本ちゃんのマッキーへの思い。そして、槇原本人を取材するなど、彼をよく知る音楽評論家の田家秀樹氏に、彼の音楽の魅力についても解説してもらった。

    ◆ ◆

堂々1位は名曲『どんなときも。』

 ファンが選ぶ1位は、誰もが知る名曲『どんなときも。』。

「苦しいとき毎日、聴いて勇気をもらっていました」(大阪府・女性50歳)

「受験や、就職活動の時期に自分を奮い立たせてくれた曲だから。迷い探し続ける日々が答えになること僕は知ってる─、悩んで苦しい思いをしている自分をまるごと肯定してくれました」(兵庫県・女性31歳)

 といった声が集うように、勇気づけられた人が続出。

’91年のNHK紅白歌合戦で『どんなときも。』を熱唱。この曲は翌年春の選抜高校野球入場行進曲にも選ばれた

 2位にはアルバム『UNDERWEAR』に収録されている『LOVE LETTER』。

「僕も昔はなかなか告白できないタイプで、その初恋のときを思い出します。『LOVE LETTER』は、片思いの切なさがすごくよく出ている名曲だと思います」(広島県・男性50歳)

 と、過去の自分に歌詞を重ね合わせる人も。

 3位には32枚目のシングル曲『僕が一番欲しかったもの』がランクイン。

「槇原さんそのものが、この曲に詰め込まれていて、聴いていてあったかくなるし、ホッとします」(愛知県・女性44歳)

 このように曲や歌詞はもちろんのこと、彼自身が持つ魅力に惹かれているファンも多い。'90年10月25日にデビューした槇原は、デビュー曲『NG』こそ売り上げ的に不調に終わるが、続く『ANSWER/北風』で頭角を現すと、3rd『どんなときも。』以降、『冬がはじまるよ』『もう恋なんてしない』『北風 ~君にとどきますように~』と連続してヒットを。

 初期のシングル曲がそろいもそろって名曲ばかり。改めて考えると、ものすごいことだ。「槇原さんは16歳の時点で完成されていた」と田家氏は語る。

「16歳のとき、坂本龍一さんが当時担当していた『サウンドストリート』という番組のデモテープコーナーに、『HALF』という楽曲を応募します。

 この番組は、まず矢野顕子さんがデモテープを聴いて彼女がいいと思ったものを坂本龍一さんに渡していたのですが、矢野さんをして“この子、完成されてるよね”と言わしめたというエピソードがあります」