11月3日に開催される配信ライブ『アラフェス 2020 at 国立競技場』。先日行われた収録では、花火の煙や風船が会場に隣接する神宮球場に流れ込み、野球の試合が中断……なんてひと騒動もありましたが、準備は着々と進んでいるよう。嵐のライブと言えば、ファンクラブに入っていてもチケットが取れないと言われるほど。でも今回は視聴チケットを購入すれば誰でも見られる! ということで、「初めて嵐のライブを見る」という人のために、アラフェスの楽しみ方をジャニヲタ・みきーるさんに解説してもらいました。

 11月3日(木)、デビュー記念日にネット配信される嵐のスペシャルライブ『アラフェス 2020 at 国立競技場』。新しく生まれ変わった国立競技場で繰り広げられるそれは、嵐ファンならずとも見のがせないビッグイベントです。初心者も抑えておきたい“アラフェスのあらまし”と、楽しみ方のポイントを紹介していきます。

【Q1】そもそもアラフェスって何? 普通のライブとどう違うの?

 アラフェスとは、ズバリ“嵐とファンでつくるお祭り”のこと。

 通常のライブは「Japonism」(2015~2016年)「untitled」(2017~2018年)など、毎回テーマに沿った世界を嵐が見せてくれますが、アラフェスはファンのリクエストを中心に構成される“嵐とファンの共同作業”ともいうべき公演です。

'13年に行われたアラフェスのチケット(写真:みきーるさん提供)

 2020年は、ファンひとりにつき「シングル曲(10位まで)、カップリング曲、アルバム曲(各5位まで)、ソロ曲(メンバーごとに1曲ずつ)、その他(1曲)」をリクエストできました。「自分の選んだ曲が何位に入ったのか?」ドキドキしながら見守ることも、アラフェスの醍醐味のひとつ。ちなみに、前回(2013年)のシングル曲ランキングはこちらです。(応募総数290,963人)

【アラフェス‘13 ファンのリクエストによるシングル曲ランキング】

第1位 Endless Game
第2位 Breathless
第3位 truth
第4位 ワイルド アット ハート
第5位 Face Down
第6位 Monster
第7位 PIKA★★NCHI DOUBLE
第8位 Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~
第9位 A・RA・SHI
第10位 Happiness

【Q2】アラフェスはいつからやっているの?

 嵐は2008年から2013年までの6年間、国立競技場でライブを行ってきました。
アラフェスは、このうち2012年(9月20日~21日)、2013年(9月21日~22日)の2年にかけて、同会場で計4公演が行われました。「〇年ごとに開催」といった位置づけではありませんが、7年ぶりの開催となる今年は、「新しい国立競技場に嵐が帰ってきた」という大切な意味合いを持つ公演でもあります。