これが資産1億円超え女子の持ち物だ!

 実際に1億円超の資産を持っている人は、どんな生活をしている?  “貯め体質”へのヒントが見つかりそうなバッグと財布の中身を拝見させていただきました。

シンガポールのお金持ちにならい割引特典つきカードを活用……元・浪費家女子/花輪陽子さん

花輪陽子さんのバッグの中身。これひとつで出かけることもあるという
すべての写真を見る

 現在はシンガポールを拠点にFPとして活躍し、夫婦で資産形成&運用に励んでいる花輪さん。しかし、20代のころと移住直後の2回、浪費期間があったそう。資産運用に関する本を読んだり、仕事で携わった著名な投資家の倹約ぶりに感銘を受けたのが転機に。 銀行のカードは現金は引き出さず、デビットカードとして使用。また、カードに提携レストランでの割引サービスが付与されているので、仕事の打ち合わせにも必ず対象店を利用。必要なものを、ミニマムにすっきり持ち歩くために、日々整理も欠かさない。

「写真は仕事用のバッグですが、カードも入るキーケースをお財布がわりに使ったり、メモはスマホでとるなどして、荷物はできるだけ少なくしています。また、ストラップつきでバッグにもなる財布には、現金もタクシー用に少し入れていますが、ほぼ使いません。カード類も無駄遣い防止のため必要最小限に。シンガポールの銀行のカードは、3種類持ち歩けば行く先々でたいてい割引サービスが受けられるので重宝しています」

花輪陽子さんのバッグの中身。毎日入れ直す

必要な贅沢はOKだが生活用品はコスパ追求でストレスを軽減……資産家ブロガー女子/ふくちゃんさん(40代)

ふくちゃんさんのバッグの中身その1
ふくちゃんさんのバッグの中身その2

「夫婦で目指す、富裕層から超富裕層!」と題したブログを綴(つづ)っているふくちゃんさん。外資系勤務で将来が不安定なこと、夫が結婚当時は年収が低かったことから、ゆとりある資金計画の重要性を感じ、貯蓄をスタート。ANAカードはマイルを貯めて旅行に活用。デビットカードはスーパーでの買い物に。条件を満たせば利用額の1%がキャッシュバックされる点もお気に入り。中身はシンプルかつスッキリ。

「入浴剤は既定量の半分以下しか使わないセコさもある一方で、趣味の旅行には思い切りお金を使い、ストレスのたまらない持続可能な資産づくりを目指しています。ポイントを貯めたいのでキャッシュレス払いが基本。カードは2枚で目的別に使い分けています。現金は2~3か月に1回、5万円引き出しますが、ほとんど減りません。バッグの中身はもともと少なめでしたが、コロナ後、週5で在宅勤務のため、最近はさらにスカスカに」

ミニ財布を愛用中

(取材・文/當間優子)


《PROFILE》
藤川太さん ◎ファイナンシャルプランナー。「家計の見直し相談センター」代表。資産運用、家計管理、マイホーム購入、不動産投資などに精通し、2万世帯を超える家計診断を行ってきた。著書に『1億円貯める人のお金の習慣』(PHP研究所)など。

花輪陽子さん ◎ファイナンシャルプランナー。外資系投資銀行勤務を経てFPに。2015年から生活拠点をシンガポールに移し、東京とシンガポールでセミナー講師など幅広い活動を行う。『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。