山下智久の「ジャニーズ脱退」に世間が揺れるなか、それを吹きとばすようなとんでもないニュースが飛び込んできた。

《近藤真彦(56)  25歳下「美人社長」を略奪5年不倫》

 ジャニーズ最年長、“事務所の長男” マッチがまさかの不倫! 1994年に一般女性と結婚、不妊治療を経て2007年にようやく男児をもうけた過去があっただけに、驚きも増すばかり。

 記事によれば、お相手は2015年の3月に知り合ったオーダースーツの会社を経営する女性・A子さん(当時は会社員)。一部上場企業の社長を通じて知り合った26歳の“ジャニーズ好き”で、KAT-TUN・中丸雄一のファンだったのだそう。彼女はマッチに初めて会ったときのことをツイッターに投稿していたという。

《大好きな某事務所の大御所の方とご飯会だったけど、最後の最後でその人の正体がわかったとゆー、、泣 うちはかなりのミーハーなのに気づかないとゆう…泣 でもほんとかっこよかった(ハート) さすが大好きなJ事務所》

 本人も自覚している通り、文面から漂うは堂々たるミーハー感。同時に、簡単にSNSでつぶやいてしまうノリの軽さも見受けられよう。

“マッチさんの威厳”

 しかしながら、当時26歳という彼女の年齢を考えるに、カーレースにのめりこんでほぼ芸能活動を休止していた近藤真彦に一目で気づけなかったのはある意味、当然のことなのかもしれない。

 出会って3ヶ月。マッチはA子さんに「出会ったころから好きだった」と告白。交際中はLINEアカウントを消して新規登録させ「他の誰のものにもならないでほしい」と束縛していたのだという。あからさまなギンギラギンぶりである。

 5年間におよぶ赤裸々な交際をつぶさに書かれてしまったわけだが、25歳年下の、“自分の存在に気づきもしなかった”女性をどのようにオトしたのかについて具体的には書かれてはいない。だが、記述から匂ってくるのは、彼が周囲に対して“マッチさんの威厳”をいかんなく示していたことだ。

 出会って半年ほど経った2015年10月、84歳になるジャニー喜多川さん(享年87)  の誕生日会に招待されたA子さんについて、知人女性はこう証言している。

《誕生日会はマッチさんが主催。タレントが百名ほど集まった。マッチさんに呼ばれていたA子は、亀梨(和也)さんに『マッチさんに馴れ馴れしい』と怒られたそうです》

 現場には東山紀之や嵐のメンバーもそろっていたらしいが、女性同伴、しかも赤の他人を連れてこれるなんて“マッチさん”を差し置いてほかにいるのだろうか。亀梨がA子さんを咎めたことからも、「誰だかよくわからない女がいる」異質な空間だったことを察することができるが、それが“マッチの意中の相手”だと知っていたら、亀梨もそんな発言はできなかっただろう(逆にどれだけ慕われているかを示すためにマッチが指示したのだとしたら、そっちの方が面白いが)。