木村拓哉と飯行ってくれない? の真意

 このように、マッチはジャニーズが好きなA子さんの前で、事務所内における「圧倒的な立場」と「後輩との関係性」を見せつけたくて彼女を呼んだのではないだろうか。知っているジャニタレと比較して自分のポジションを実際に見てもらうのが一番話が早い、と判断したのかもしれない。中丸が飲み会の席で吊し上げられなかったか心配だ。

 さらに、“後輩たちを率いる俺”をみせたかったのだろうと思われるもうひとつの点が、前述のA子さんの知人の証言ではこの誕生日会が「マッチさん主催」となっているところだ。しかし、滝沢は自らマッチを誘ったというし、中居も「滝沢が仕切り」との趣旨の発言をしており、どうも話が食い違う。

 ここで浮かび上がってくるのは、マッチがA子さんに対して「俺が幹事」と吹いていたのではないかという疑惑だ。“誘われる幹事”とはこれいかに……。会場に一番にきていたのもそれが理由か? といった邪推まで浮かんできてしまう。

 また、『文春』には同年11月に、解散前のSMAPについてA子さんに相談をしていたとの記述もある。マッチの発言を引用したい。

《SMAPは仲良くなくて、木村(拓哉)が意地悪されているみたい。ジャニーの誕生日会も、中居とかが木村に教えてなかった。今後、木村と一緒に飯に行ってくれない?》

 唐突な飯。そんなことされても、キムタクからすれば「ちょ、誰だよ」であろう。マッチさんの女ともなればめちゃくちゃ気を遣うに決まっとろう。

「俺は先輩として木村を心配しているし、頼りにされている俺が呼べば木村は飯にくる」そんなアピールにしか思えない。ここでもジャニーズ力学を匂わせてくるのだ。後輩のふんどしで相撲を取るようなものか。

 何はともあれ、文春記者によるA子さんをご存知ですか? の問いに「いや無理無理無理無理」と逃げ出したことだけは、どう考えてもカッコ悪い。

〈皿乃まる美・コラムニスト〉