中居正広の“すべらない話”で描かれたマッチ

 誕生日会の翌月、滝沢秀明はラジオで「あの日のマッチ」について以下のような裏話を披露している。

 会の1ヶ月前、幹事・中山優馬のサポート役を務めていたタッキー。直々にマッチをお誘いしたところ、「あぁ、行く行く〜!」と快諾を得たようなのだが、その軽いトーンが逆に心配だったようで、

《このパターン絶対来ないよ~、と思っていて。でも、あんまり催促するのも失礼だし、その言葉信じるしかねぇな~と。そしたら当日、もう一番に来てくれて。“早っ!”と思って》((『タッキーの滝沢電波城』2015年11月7日放送))

 一番先輩が会場に一番乗り。かなりの気合いの入れようだったことがわかる。続々とやってきた後輩たちも先にマッチさんがいらっしゃるもんだから、焦って挨拶に向かったことだろう。

 後日談はほかにも──。

 この会にはあの中居正広も参加していたようで、初出演の『人志松本のすべらない話』(2016年1月9日放送)でその時のエピソードを披露している。キレキレの話術から繰り出されるすべらない話を文字に起こすのは気がひけるが、概要はこうだ。

 当日、ジャニーさんやマッチ、ヒガシら幹部クラスが座る上座に、小学生くらいのジャニーズJr,と思しき少年が平然と座って食事をしているのを見つけた中居。その不遜(そん)な態度と自分に対して挨拶がないことに腹を立て、その少年を睨みつけていたところ、マッチがやってきて、

「お前どうしたんだよ中居、イライラしてんなよこんな所で。無礼講なんだからさ、ガチャガチャすんじゃねーよ。ジャニーの誕生日なんだからよぉ〜」

 と制されたという。中居が「一番端のガキ、なんであっち座るのかなって」と少年への不満をぶつけたところ、返ってきたのは一言。「俺の息子」。逆に中居が挨拶に伺うことになった、というオチだ。

 当時は面白く聞けていたこの話も、『文春』報道を照らし合わせれば、“愛人と息子を同席”させていたということになり、まるで笑えない。