《Welcome tо Toronto》(トロントへようこそ)─11月23日にハリウッド俳優のケヴィン・ハートが、インスタグラムに1枚の写真を投稿した。すると、それを見た日本人から驚きの声があがった!

「ケヴィンさんと俳優のウディ・ハレルソンさんに挟まれて、山Pが写っていたんです。彼らは、来年9月に公開予定のアクションコメディー映画『マン・フロム・トロント/Man From Tоrоnto』の撮影をしているんです。山Pにとって、独立して初めての海外での仕事になります」(山下ファンの女性)

 山下智久がジャニーズ事務所を退所したことが発表されたのは、11月10日のことだった。

「8月に『文春オンライン』で報じられた“スキャンダル”の影響で、無期限で芸能活動を休止していました。その最中、この映画のオファーを受けました。芸能活動を休止したままでは撮影に参加できないため、事務所に退所の意思を伝え10月31日で契約終了に。11月1日から撮影地であるカナダに滞在していますよ」(スポーツ紙記者)

山下をサポートする“Jさん”

 ジャニーズを辞めて1か月足らずでハリウッド俳優と肩を並べて映画に出るのは異例のこと。ただ、彼にはこんな声も。

ハリウッド俳優ケヴィン・ハートのインスタに登場した山下智久

「10月27日にオファーを受け、4日後に現地に行くというのはかなりの弾丸スケジュール。事前の準備をたった4日ですませるのは無理があると思います。謹慎期間中、いつでも海外で仕事ができるよう用意していたのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 山下の“セカンドキャリア”は順調な滑り出しをしたように見えるが、懸念事項もある。

「11月23日から、カナダのトロントがロックダウン(都市封鎖)されました。期間は少なくとも28日間で、美容室やジムなどは閉鎖されています。屋外に出ることが制限されるので映画の撮影は難しくなるのではないでしょうか」(同・テレビ局関係者)

 ロックダウンによって、撮影はできなくなってしまうのだろうか。国際ジャーナリストの大川原明氏に話を聞いた。

屋外で撮影する際は、事前にカナダ政府や地方自治体などの行政機関に許可を取る必要があります。そこで認められれば、行政機関によっては時間制限があるかもしれませんが、ロックダウンしていても撮影は可能です。製作スタッフやタレントは、外で撮影することも仕事に含まれるので、許容されているようです

 単身で異国の地に乗り込んだ山下。現地では彼をかいがいしくサポートする男性がいるようだ。

以前から交流のあった、Jさんという外国人プロデューサーが同行しているようです。山下さんの近くで周りのスタッフと熱心に話し込んでいたといいます。なかなかのイケメンなので、現地でも話題になっているみたい。彼の専属マネージャーとして働いているのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 この“新マネージャー”は、いったい何者なのだろうか。