BTS(防弾少年団)の最年長メンバーJIN(ジン)が28歳の誕生日を迎えるわずか3日前の12月1日。韓国の国会で兵役に関する法律の改正案が可決された。韓国では18歳以上の健康な男性に対し、約1年半から2年弱の兵役を課していて、入隊期限は原則28歳。しかし今回の改正で、国の国際的価値を高めた大衆文化のアーティストらは30歳まで期限が延期されることになった。

「兵役にはいつでも応じる」
と本人は言ってきたが…

延長されるためには今後、行政機関の文化体育観光省から推薦を受ける必要がありますが、JINは事実上'22年末までBTSの活動を継続できることに。法改正がなければ原則としては'20年中に入隊する必要があったので、ぎりぎり間に合わせたのでしょう」(現地の事情に詳しいライター)

 米ビルボードでの1位獲得などBTSが世界的な大成功を収める中、今年9月に韓国の一部の国会議員が「兵役延長を認めないのは国家的にマイナスイメージ」と兵役法の改正案を提議。一部で“BTS法案”とも呼ばれ、成り行きが注目されていた。

“ファンの声が国会を動かした”とか“法改正でファンも大喜び”といったふうに報道されていましたが、私の周辺のアーミー(BTSファンの呼称)からは不安視する声が上がっている」

 と語るのはファン歴6年の30代女性。

BTSのJIN(中央)

今回のような特例で兵役が延期されると、必ず“特別扱い”といった声が世間から上がり、メンバーが批判の対象になるのは目に見えています。現に『BTS法案』と呼ばれ、名前が独り歩きしている状況。新型コロナウイルス感染症の流行で活動が限定されてしまっている今こそ入隊して、コロナが収束し通常の活動ができるころに戻ってきてもらいたいという意見も」

 肝心のメンバー本人たちは、兵役に対してどのような意見なのだろうか。

今年11月にソウルで行われた新アルバム『BE』の記者懇談会で、JINは『兵役は当然のことと考えている。招集があればいつでも応じる』ときっぱりコメント。『メンバーとよく話をしているが、兵役には全員応じる予定』とも答えました」(前出のライター)