17歳のとき、NHKドラマ『バス通り裏』(1958年〜1963年)で女優デビューしてから63年、ずっと第一線で活躍してきた岩下志麻(80)。巨匠・小津安二郎監督の遺作となった『秋刀魚の味』('62年)や、夫でもある篠田正浩氏が監督を務め、第1回日本アカデミー賞を受賞した『はなれ瞽女おりん』('77年)、着物姿にくわえタバコでドスをきかせた『極道の妻たち』シリーズ('86〜'98年)などの映画作品は、誰もが知るところだろう。

 この1月3日に傘寿(さんじゅ)を迎えたが、ピンと伸びた背筋や凜(りん)とした佇(たたず)まいは変わらない。そんな彼女に、コロナ禍の過ごし方、そして、来し方行く末を語ってもらった。

体重、体形、食生活は何十年も変わらず

「もう10年以上、太極拳を習っているんですが、週1で通っていたレッスンがコロナ禍で閉鎖になってしまったんです。それで、私から“練習をオンラインでやっていただけないかしら”と太極拳の先生に提案してみました。賛同してくれる仲間たちもいて、ZOOM(ウェブ上でのビデオ通話や会議を可能にするサービス)を通じてやっていただけることになり、大変助かりました。私、もともとスカイプなども使っていたので、ZOOMにも違和感はありませんでした。けっこう好きなんですよ、IT機器とか(笑)」

 意外と言っては失礼だが、天下の大女優がスカイプもZOOMも使いこなしているということに驚かされた。コロナ禍では仕事が延期になったり、娘一家に会えないなど不自由なことも多々あるが「できないと嘆いていてもしかたがない」と岩下は言う。だからこそ、太極拳をオンラインで、と自分から発信したのだ。それは、自身の健康維持に必要だから。

そのかわり、友人との会食やパーティーにはまったく出席していません。コンサートにも行けないし、こんなに外出できなかったことはありません。毎年、娘一家と旅行したり、ことあるごとに食事会をしたりしているんですが、それも篠田(夫である映画監督の篠田正浩氏)と私は全部キャンセル。本当なら私の誕生日には毎年、篠田のきょうだいや家族が集まってくれるんですが、それも延期にしました。我慢ばっかりで寂しいですね。

 娘とは、LINEではしょっちゅう、やりとりをしています。昨年もときどき会いましたけど、マスクをしたままで短時間。もちろん、食事はいっさいしませんでしたね」

 完璧と言えるまでの対策を施しているだけに、いったい、いつになったら以前のような生活が戻るのか。岩下はため息をつきながら「政策が後手後手にしか思えないですよね」と、つぶやいた。

 体調管理に敏感になるのは、女優なら当然のことなのだろう。岩下はここ40年くらい、体形と体重が変わっていないという。80歳になった今も、ほとんど白髪がない。

「あまり太らない体質でもあるんですよね。私の母も80歳を越えてから、白髪が目立つようになってきたので、私もこれからじゃないでしょうか」

 おっとりとそう答えるが、もちろん食生活にも人一倍、気をつけている。

「けっこう食べるんですけどね。毎日欠かさず食べているのは、お豆腐。篠田の好物で、それに付き合っていたら私もお豆腐なしではいられなくなりました。湯豆腐と冷ややっこがシンプルでいちばんおいしいですが、揚げ豆腐やあんかけ豆腐から、麻婆豆腐に炒め物まで。あらゆる豆腐料理が好きですね。あとは、もずくとトマトかしら」

 結婚するとき「女優なのだから家事はいっさいしなくていい」と篠田氏が彼女に告げたのは有名な話。今も料理自体は基本的にお手伝いさんの手を借りるものの、献立は結婚以来ずっと岩下が考え、前日のうちに冷蔵庫に貼っておくのだという。

「どんなに疲れていても遅く帰ってきても、必ず毎晩やっていましたね。食事は大事ですから。魚、肉、野菜と栄養のバランスを考えて、献立を作り続けてきました。それだけは、自分でやらないと気がすまなかったの」

 家族を愛する彼女の責任感のなせる業(わざ)かもしれない。

岩下志麻と篠田正浩監督は1967年に結婚。交際している間、「デートは週2回」と決まっていたそう